適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • 8時間ダイエットの効果とは?成功した方法と痩せない場合を徹底解説

8時間ダイエットの効果とは?成功した方法と痩せない場合を徹底解説

8時間ダイエットの効果とは?成功した方法と痩せない場合を徹底解説

8時間ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

ざっくり言うと

  • 8時間ダイエットとは、1日の食事を8時間以内に収めるダイエット方法です。

  • 食べる時間を8時間に限定して消化活動を休む時間を増やすことで、代謝機能の向上や快眠効果が期待できます。

  • 8時間はすきなものを食べてよいからといって暴飲暴食をするのではなくて、バランスのよい食事を心がけましょう。

8時間ダイエットは効果が高く、今まで何をしても痩せなかったという方でも簡単にチャレンジできるダイエット方法です。

1日24時間の中で食べてよいのが8時間、その間は何を食べても構いません。
その後16時間は水分以外は何も食べないことで痩せるダイエット方法です。

「1週間で3kg痩せた」、「1か月半続けたら8kg痩せた」と成功した方も多いのですが、「失敗した」という方もいます。

痩せない場合には、これらの疑問が解消できていないのに8時間ダイエットを始めてしまったということが多いのです。

・8時間の間の食べていい食材や運動は?
・水分にはアルコールも含まれる?
・お腹が空いて睡眠が摂れないのでは?

今回は、8時間ダイエットの基本的なやり方と成功するためのポイント、実践した方の口コミをご紹介します。

8時間ダイエットとは

8時間ダイエットとは

8時間ダイエットとは、1日24時間の中の8時間以内に食事を摂り終え、残りの16時間は水分補給のみで過ごすダイエット方法です。

例えば、

・10時に1食目を食べ始めたら、8時間後の18時まで食事を摂ることができ18時以降は食べない。
・1日の食事を10時から18時の8時間の間に終える。

8時間ダイエットはDavid Zinczenko氏とPeter Moore氏が考案したアメリカ発祥のダイエット方法で、消化機能のリズムを正常に戻すのに適したダイエット方法です。

ダイエット大国と呼ばれるアメリカの肥満が増えた原因は、夜遅くまで起きている人が増えて食べる時間も長くなってしまったことです。

食べる時間が長くなれば、消化機能のリズムによって保たれるホルモンバランスや酵素の働きが低下し、脂肪が増えてしまいます。

消化機能のリズムが正常に戻れば、肥満から抜け出すことができ、ダイエットにつながります。

8時間ダイエットと酵素の関係

8時間ダイエットは、16時間食べないことで胃の中を空っぽにして消化酵素を使わないようにすることで脂肪燃焼を促進しています。

「酵素ダイエット」というダイエット方法もあるように、人間の体内では酵素が作り出されます。

作り出された酵素は潜在酵素と呼ばれますが、その中にも「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

・消化酵素・・・食べ物を体内に吸収するために必要な酵素。
・代謝酵素・・・新陳代謝の促進、有害物質の除去、免疫力の強化などを担う酵素。

消化酵素は優先的に使われる傾向があるため、胃の中に食べ物が入っていると、消化酵素が優先的に作られて代謝酵素が減少してしまいます。

代謝酵素が減少すると、新陳代謝が悪くなり脂肪が増えてしまいます。

8時間ダイエットは食べる時間を減らして代謝酵素を増やし、新陳代謝を促進することでダイエット効果を発揮しています。

1日2食が基本

8時間ダイエットは1日2食の食事を摂ることをすすめています。

8時間以内で食事を終えるということは、1日3食にすると2時間半ごとに食事を摂ることになります。

お仕事をしている方には無理がありますし、2時間半ごとの食事と言われても空腹になっていないこともありますよね。

1日2食にすることで1食分のカロリーを抑えることができるためダイエットにも効果的です。

8時間ダイエットの方法

8時間ダイエットの方法

8時間ダイエットの方法を紹介します。

1. 1日の中で8時間以内であれば、すきなものを食べてよい。
2. 1食目(朝食)から8時間が食べてよい時間。目安として9時から17時、11時から19時など。
3. 1日8分程度、軽い運動を取り入れること。

8時間以内の食事に取り入れる食材

8時間以内の食事に取り入れる食材

朝食から8時間以内にすきなものを食べてよいのが8時間ダイエットですが、1日2種類取り入れるべき食材があります。

・卵と脂身の少ない肉(鶏むね肉など)
・乳製品(ヨーグルトなど)
・ナッツ類(ピーナッツやアーモンド、くるみなど)
・豆類(豆腐など)
・ベリー系のもの(ブルーベリー、ラズベリーなど)
・色の明るい果物(りんごやオレンジなど)
・穀類(玄米や全粒粉パンなど)
・緑の葉野菜(ほうれん草など)

すきなものを食べてよいと言われると、お肉や脂っこいものに偏ってしまいがちで不足する栄養素が出てきます。

身体に必要な栄養素を補うために、これらの食材を食事に摂り入れてバランスの取れた食事が大切です。

8時間ダイエットを行う期間

8時間ダイエットには決められた期間はありません。

ダイエット効果が得られる期間は個人差があり、「1週間で2kgダイエットに成功した」という方もいれば、「2kg痩せるのに1か月かかった」という方もいます。

ダイエット方法は体質やそれまでの生活環境などもあるため、全ての方が同じように痩せられるわけではありません。

8時間ダイエットは体調を損ねることなく、食べられないことによるストレスも少ないダイエット方法なので継続して行ってみましょう。

8時間ダイエットで摂る水分

8時間ダイエットで摂る水分

8時間ダイエットは食事の時間は8時間ですが、お茶やお水などノンカロリーのものであれば8時間以外に飲んでも構いません。

ダイエット中なので、できるだけ砂糖などの糖質は控えてはちみつを使用したりやシュガーレスの飲み物にしましょう。

また、脂肪分が多い牛乳や豆乳、糖質が多く含まれるお酒はおすすめできません。

コーヒーはブラックであれば構いませんが、飲みすぎるとカフェインによって睡眠を阻害してしまうので寝る前はノンカフェインの飲み物にしましょう。

有酸素運動を取り入れて効果アップ

8時間ダイエットは食事を気を付けるダイエット方法ですが、有酸素運動を合わせることで効果がアップします。

1日8分程度でよいので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

食事による総摂取カロリーが減るので、筋肉を維持するために週に2,3回スクワットなどの筋トレを取り入れると脂肪燃焼されやすい体になります。

通勤の帰りに一駅手前で降りて早足で歩くいたり、休日は軽くジョギングをするといった無理のない範囲で運動量を増やすことがおすすめです。

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットによるダイエット効果を3つ紹介します。

代謝機能の向上

食事の時間を8時間以内に収めることで消化活動を16時間休めることになり代謝機能の向上につながります。

食べたものが消化されるまで3時間かかり、排泄には8時間から12時間かかると言われています。

時間を気にせずに普段の食生活を行うとこのようになります。

・朝食を7時に食べる。
・10時に間食をする。
・12時に昼食を食べる。
・19時に夕食を食べる。
・21時に小腹が空いて間食。

時間を気にしない食生活だと、14時間以上胃腸が消化活動を行うことになります。

この食生活は食べすぎかもしれませんが、消化に使われる消化酵素が優先的に使われれば、その分代謝に使う代謝酵素が減ってしまうので太りやすくなります。

8時間ダイエットは、消化活動と酵素の働きをうまく利用することで痩せやすい身体を目指すダイエット方法です。

脂肪の蓄積を防ぐ

タンパク質の一種で脂肪をためこむ働きがあるビーマルワン(BMAL1)が少ない時間帯に食事をすることで、脂肪の蓄積を防ぐことができます。

体内の中でビーマルワンは午後2時~3時が最も少なく、22時以降から午前2時の時間帯が最も多くなります。

この時に胃腸に食べ物が残っていると、ビーマルワンがそれらを抱え込み、脂肪として体に蓄積するようになってしまいます。

「夜中に食べると太りやすい」と言われているのは、ビーマルワンの影響によるものです。

8時間ダイエットでは、ビーマルワンの少ない時間帯に食事を済ませるうように8時間を設定することが大切です。

快眠効果

寝る時間の3時間以上前に食事を終えて、消化活動を終えることで快眠効果が期待できます。

深夜まで起きていて、小腹が空いて間食するとお腹がいっぱいで眠りにつくことがむずかしい経験がありますよね。

良質な睡眠を摂ることはダイエット効果も高めることに繋がるので、就寝3時間前は食事を摂らないようにしましょう。

8時間ダイエットの口コミ

8時間ダイエットの口コミ

8時間ダイエットはTV番組などで取り上げられてから、多くの方がチャレンジしています。

口コミもたくさんあり、「痩せた!」という口コミから、「痩せなかった!」という口コミまでさまざまです。

個人差はありますが、結果が出ればダイエットのモチベーションも上がり、継続するための力になりますよね。

痩せた口コミ

実際に8時間ダイエットに取り組んで成功した方の口コミを紹介します。

半年かけて5kgのダイエットに成功しているとのことで、継続することの大切さがわかりますね。

運動を取り入れているので筋力を保ったまま健康的に痩せられているので、リバウンドの心配もないですね。

8時ダイエットを生活の習慣とすることで、普段から体重に一気一憂することがなくなりますね。

短期間で行うのではなくて、習慣化して長期間継続することで痩せた身体をいつまでも保つことができます。

5日間で1.2kgのダイエットに成功した方です。

成功した秘訣は、意識的に歩いたり飲み物に気を付けるなど高い意識を持って取り組んだからではないでしょうか。

痩せない口コミ

8時間ダイエットに取り組んで、残念ながら痩せなかった口コミも紹介します。

8時間の間だったらなんでも食べてよいからといって、暴飲暴食をして総摂取カロリーが増えてしまうとダイエットの成功には結びつかないようです。

食事を気をつけるだけだと、急激に体重が落ちるダイエット方法ではないということでしょう。

運動を取り入れたり、継続しておこなうことで体重の増加を防ぐ効果はありそうですね。

8時間ダイエットで痩せない理由

8時間ダイエットで痩せない理由

8時間の間であれば食事制限がないため実践者の多いダイエット方法ですが、残念ながら痩せなかったという方もいます。

元々1日2食しか食べていない

普段から「朝と夜だけ」や「昼と夜だけ」というように、2食しか食べていない方は効果が出にくいようです。

8時間ダイエットの成功するポイントの一つは、食事の回数を3食から2食に減らすことで1日の総摂取カロリーを抑えられるためでもあります。

普段から2食しか食べていない方も最後の食事をしてから就寝までの時間を見直して、3時間もたたないうちに寝てしまっている場合は夜の食事時間を寝る3時間前までにすれば効果が期待できます。

食べ過ぎによるカロリーオーバー

「1日2食で寝る3時間前までに夕飯は終えているのに痩せない」という方は、2食のカロリーや糖質がオーバーしている可能性があります。

好きなものを食べてよいダイエット方法ですが、カロリーや糖質をオーバーして暴飲暴食をしてもいいわけではありません。

効果が感じられないという方は、1日の摂取カロリーや糖質、栄養素が偏ってバランスの悪い食事になっていないか見直してみましょう。

8時間ダイエットに挑戦しよう

8時間ダイエットに挑戦しよう

8時間ダイエットはすきなものを食べることができるためストレスも少なく、ライフスタイルに合わせることも簡単です。

規則正しい食習慣も身に付き、一度成功すればリバウンドしにくいダイエット方法でもあります。

ダイエットは、数あるダイエット方法の中から自分に合っているかどうかや継続できるかが成功の秘訣です。

ストレスがたまったり、面倒で三日坊主になるようであれば、それはあなたにとっては無理なダイエットかもしれません。

8時間ダイエットにチャレンジしてみてくださいね。

nono 編集部

nono 編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事