適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • 飲むだけで痩せるチアシードドリンクとは?効果と口コミのご紹介

飲むだけで痩せるチアシードドリンクとは?効果と口コミのご紹介

/

飲むだけで痩せるチアシードドリンクとは?効果と口コミのご紹介

チアシードダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

default profile picture

管理栄養士

神田秀人

ざっくり言うと

  • チアシードドリンクとは、水でもどしたチアシードをお好みの飲み物に入れたものです。

  • チアシードは、普段の食事では摂取しにくい脂肪酸や食物繊維などを多く含むため、ダイエット中にはおすすめの食材です。

  • チアシードドリンクは、飲みやすさや満足感、栄養価などに差がありますが、種類も豊富で、好みの味が選べるドリンクなので、自分に合ったドリンクを選び、美味しく楽しくダイエット出来ます。

「チアシード」という食材をご存知でしょうか?

ダイエット系の健康食品で「チアシードドリンク」や「チアシードスムージー」などを見かけたことがある方は、多くいらっしゃるでしょう。

他にも「青汁」や「シェイク」など、いろいろな形で使われている食材です。

もともとは、海外のモデルさんや女優さんが愛用しており「スーパーフード」と呼ばれていたチアシードは、日本でもすっかり浸透しました。

見た目はゴマよりも小さな種ですが、スーパーフードと呼ばれるだけあって、その効果には様々なものがあります。

近年では、SNSなどの口コミでも話題になっており、ダイエット業界で注目されている食材のひとつです。
今回は、気になる「チアシード」を使ったドリンクについて、栄養やメリット、飲み方などを説明します。

チアシードドリンクとは

チアシードドリンクとは、水でもどしたチアシードをお好みの飲み物に入れたものです。

「チアシード」は、シソ科の植物「チア」の種のことです。

原産は、メキシコ中南部からグアテマラにかけてと言われていますが、現在はオーストラリア産のものが多く流通しています。

チアシードは、水をたくさん吸収してゼリー状になるという性質を持っており、吸水量はチアシードの重量の12倍と言われています。

プルプルした食感のチアシードは、ドリンクやスムージーなどと相性抜群です。

スーパーフードと言われるほどの栄養を含んでいても、美味しくなければ飲み続けることはできませんが、チアシードの場合は、独特の食感で、美味しく続けることができるのです。

美味しい上に、ダイエットにうれしい成分を多く含んでおり、しかも水分をたっぷり吸収するため満足感もあるチアシードドリンクは、まさに一石三鳥の健康食品と言えるでしょう。

では、チアシードの効果について詳しく見てみましょう。

チアシードの効果

チアシードに含まれている、オメガ3脂肪酸と食物繊維が私たちの体に与える効果について紹介します。

オメガ3脂肪酸

チアシードの栄養的には、日常的には摂取しにくい「オメガ3脂肪酸」を多く含むのが特徴です。

その中でも、特に必須脂肪酸の「α-リノレン酸」は、血中のコレステロールや中性脂肪を正常に保つために重要と言われており、健康業界でも注目の成分なのです。

食物繊維

チアシードには、ダイエットには欠かせない「食物繊維」も豊富に含まれています。

チアシード大さじ1杯に含まれる食物繊維は3.4gで、中くらいのレタスおよそ1個分が含まれていると言えば、豊富さがお分かり頂けるでしょう。

チアシードの食物繊維は、水分を多く吸収するという特徴を持っており、ドリンクに入れると、水分を吸収した成分がゼリー状になります。

チアシードドリンクのプルプルした食感の正体は、ダイエットにうれしい食物繊維なのです。

この他にも、抗酸化作用を持つポリフェノールや、各種ビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。

「スーパーフード」と呼ばれているのは、伊達ではないということですね。

チアシードドリンクの飲み方

チアシードの効果
チアシードドリンクの飲み方には、大きく分けて2通りがあります。

置き換える方法

1つ目は、食事の代わりに飲む「置き換え」方式です。

栄養価が高く、食物繊維も多く含んでいるチアシードは、満足感が高いのがメリットです。

そのため、忙しい朝には、朝食代わりにチアシードドリンクを飲むのは良い方法と言えるでしょう。

また、寝る前の夕食にエネルギー(カロリー)を多く摂りすぎると太りやすいと言われているのは、みなさんご存知の通りです。

そこで、低カロリーのチアシードドリンクを夕食代わりにすることで、より効率的にダイエットができます。

間食として飲む方法

チアシードドリンクのもうひとつの飲み方は、間食として飲む方法です。

間食はダイエットの天敵……とはいえ、習慣になっている間食をすぐにやめるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

そこで、間食のお菓子などの代わりにチアシードドリンクを飲むという方法があります。

フルーツやヨーグルトなどのフレーバーならば精神的にも満足できますし、豊富な食物繊維でお腹も満たされます。

慣れてくれば、徐々に間食を減らしていくこともできるはずです。

オススメのチアシードドリンクとは

チアシードドリンクにはいろいろな種類があります。

それぞれに特徴があり、飲みやすさや満足感、栄養価などに差がありますが、自分に合ったドリンクを選ぶのが大切です。

スムージー


水に溶かして混ぜるだけのスムージータイプのドリンクは、さっぱりとした口当たりが特徴です。

朝起きたばかりの時に、食欲があまりないという方には特に向いています。

フルーツ味やココナッツ風味など様々な種類がありますので、好きな味を選べるのも大きなメリットと言えるでしょう。

また、牛乳が苦手な方の場合は、水と混ぜるスムージータイプがおすすめです。

欠点としては、タンパク質が不足しがちという点です。

スムージータイプは、果物や野菜がメインになっていますので、チーズなどの乳製品や、豆腐などの大豆製品など、タンパク質は他の食事から補いましょう。

また、商品によってはタンパク質を補うために大豆の成分が含まれている場合があります。

青汁

健康食品の王道とも言える「青汁」に、チアシードを配合したタイプのドリンクです。

味の好き嫌いには個人差がありますが、ビタミンやミネラルの栄養価が高いのが特徴と言えるでしょう。

飲みやすくするために、フルーツの成分を配合している商品もあります。

これまでも青汁を飲んでいる習慣がある方や、味に抵抗がない方にはおすすめです。

欠点としては、こちらもタンパク質は低めの傾向にありますので、食事で補う必要があります。

スムージータイプと同じく、乳製品や大豆製品などを食事に取り入れて、タンパク質をしっかり摂取しましょう。

シェイク


牛乳や豆乳と混ぜるシェイクタイプのドリンクは、しっかりした飲みごたえが特徴です。

また、フレーバーもバナナやベリーなどのフルーツや、スムージーと同じくココナッツなどもありますので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

タンパク質を含む牛乳や豆乳と混ぜるため、栄養価が高いのもうれしいポイントです。

スムージータイプや青汁タイプに比べてボリュームがあるため、朝に食欲がない方の場合はスムージータイプの方が飲みやすい場合があるかもしれません。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方の場合は、豆乳と混ぜるのがいいでしょう。

チアシードドリンクの口コミ

チアシードを使ったダイエットの口コミです。

チアシードは、ドリンクだけではなくヨーグルトにトッピングするなどの方法でも摂取することができます。

ドリンクで効果を実感したら、他の方法を試してみるのもいいでしょう。

チアシードのレシピはこちらの記事で紹介しています。

チアシードダイエットで成功する秘訣

こちらも、体重が減ってダイエットがうまくいっている方の口コミです。

こちらはこれからダイエット!という方ですね。
チアシードはヨーグルトにトッピングして使用されているとのことです。


チアシードのスムージーを試されたという口コミです。
食物繊維が豊富なチアシードは、お腹の調子を整えるためにも役立ってくれますね。

チアシードダイエットの注意点

チアシードを使ってダイエットをする場合、注意したい点が3つあります。

適量を守って飲む

まずは、チアシードドリンクを飲むときは適量を守って飲むことです。

「適量を守る」ことはチアシードに限らず健康食品やサプリメントに共通して言えることですが、「たくさん摂取すれば、よりよい」というものではありません。

チアシードの場合は、食物繊維が豊富なため、摂取しすぎると大切な栄養の吸収を邪魔したり、腹痛や下痢といった症状が出たりという可能性があります。

チアシードドリンクの商品パッケージには、1日あたりの目安量が記載されていますので、適量を守って飲むのを心がけましょう。

チアシードダイエットを過信しすぎない

チアシードドリンク「だけ」でダイエットできるわけではない、ということを覚えておきましょう。

チアシードは、栄養が豊富でダイエットにはうれしい食材なのは間違いありません。

しかし、「チアシードさえ摂っていれば、食事や運動に気を使わなくてもやせる」という魔法の食材ではないのです。

ダイエットは、バランスの取れた食事と、適度な運動が大切で、チアシードドリンクは、食事のサポートをしてくれるものであると覚えておきましょう。

チアシードは水にもどしてから食べる

注意点の3つ目は、チアシードをそのまま食べないことです。

水や牛乳などに溶かす商品の場合はそのまま食べる方はまずいらっしゃらないかと思いますが、チアシードそのものを使う場合には、注意が必要です。

チアシードは、大量の水分を吸収して膨らむ性質がありますので、必ず10倍以上の水やジュースなどで戻してから摂取しましょう。

チアシードの詳しい調理方法はこちらの記事で紹介しています。

チアシードダイエットやり方は?効果的な食べ方とレシピ

チアシードをそのまま大量に食べると、胃や腸の中で膨らんでしまうため、消化器官に悪影響を及ぼす恐れがあります。

正しく摂取すれば、チアシードはダイエットの強い味方ですので上手に摂取しましょう。

最後に


今回は、「スーパーフード」と呼ばれるチアシードの説明と、チアシードドリンクの飲み方について解説しました。

普段の食事では摂取しにくい脂肪酸や食物繊維などを多く含むチアシードは、ダイエット中にはおすすめの食材です。

さっぱりと飲みやすいスムージータイプ、栄養豊富な青汁タイプ、飲みごたえのあるシェイクタイプなどの種類も豊富で、好みの味が選べるチアシードドリンクで美味しく楽しくダイエットを成功させましょう!

管理栄養士 神田秀人からのコメント

「チアシード」は、栄養価の高い種子のひとつです。最大の特徴は、やはりその食感でしょう。

グルコマンナンという水溶性の食物繊維が10倍以上の水を吸収し、ゼリー状になる性質を持っています。

グルコマンナンはこんにゃくにも含まれる食物繊維ですので、食感にはなじみがある方も多いのではないでしょうか。

十分に戻したチアシードは、血糖値の急上昇を抑え、満腹感を持続させるのにも役立ちます。

食物繊維は日常の食事でも不足しやすい成分ですので、チアシードドリンクで補助するのも良い方法と言えるでしょう。

管理栄養士。大学卒業後、病院と福祉施設で約8年勤務。厨房での調理業務、病気に合わせた献立作成、糖尿病や減塩に関する栄養指導などを行う。 その後、一般企業で約4年勤務し、現在はフリーランス。レシピやコラム作成業務、イベントスタッフなどで活動中。

この記事に関連する記事