適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

グリーンスムージー比較
  • ルイボスティーダイエットの効果とやり方のご紹介

ルイボスティーダイエットの効果とやり方のご紹介

/

ルイボスティーダイエットの効果とやり方のご紹介

ルイボスティーダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

管理栄養士

小玉奈津実

ざっくり言うと

  • ルイボスティーダイエットとは、ノンカフェインということもあり、妊娠中や授乳中の方はもちろん、健康や美容に敏感な方が注目しているお茶の1つです。

  • ルイボスティーには、むくみ・冷えの解消効果、アンチエイジング・美肌効果、妊活、腸内環境の改善、安眠効果の5つの効果があります。

  • ルイボスティーダイエットの方法は、「食前に飲むこと」と「プチ置き換え」を行うだけです。

コンビニのペットボトル飲料などでもよく見かける「ルイボスティー」。

ノンカフェインということもあり、妊娠中や授乳中の方はもちろん、健康や美容に敏感な方が注目しているお茶の1つです。

ルイボスティーは、ダイエット効果も期待できることはご存知でしょうか?

ルイボスティーには、美容やアンチエイジング、便秘解消など様々な効能があり、ダイエット効果につながるのです。

今回は、そのルイボスティーの効果効能やダイエット方法、通販で買えるおすすめ商品や、副作用の有無などをご紹介していきます。

ルイボスティーダイエットとは

ルイボスティーダイエットとは

ルイボスティーダイエットは、その名の通り、ルイボスのお茶を飲んでダイエットをする方法です。
では、そもそもルイボスとはどのような植物なのでしょうか?

ルイボスとは

ルイボスティーダイエットのやり方

「ルイボス」は、マメ科の低木の植物です。
紅茶や緑茶などの「お茶」とは異なり、ルイボスの葉の部分を乾燥させて作られます。

ルイボスの産地は世界に一つで、南アフリカ共和国のダルバーグ山脈に囲まれたミネラルたっぷりの土壌でのみ、栽培が可能とされています。

現地では、昔から日常的に飲まれており「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として親しまれていました。

奇跡のお茶と言われるゆえんは、やはり身体にいい成分が豊富に含まれていて、痩せることにもつながるものですのでダイエットに効果的です。

ルイボスティーの5つの効果

では、ルイボスティーには具体的にはどのような効果があるのでしょうか?
ルイボスティーの素晴らしい効果を、5つご紹介いたします。

むくみ・冷えの解消効果


ルイボスティーには、カリウムや亜鉛などのミネラルが多く含まれており、血行を促進するため冷え性の改善に効果があります。

例えば、むくみに効くカリウムは緑茶(煎茶)は27mg(100gあたり)含有しているのに対し、ルイボスティーは350mg(100gあたり)と10倍以上含まれているのです。

お茶のダイエット効果は、こちらで紹介しています。
お茶ダイエットの効果は?やり方やお茶ランキングをご紹介!

また、ミネラルの作用でリンパの流れもスムーズになるので、老廃物や水分を排出するデトックス効果もあり、むくみの解消も期待できます。

アンチエイジング・美肌効果

ルイボスティーには、「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分が含まれています。

SODは、体内で生成される抗酸化物質の一種で、フルーツや緑色の野菜にも含まれています。

SODが活性酵素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝の促進するため、アンチエイジングに効果があります。

また、肌の老化をゆるめるはたらきもあるため、若々しい美肌も期待できます。

そして、ルイボスには、ビタミン・ミネラルも含まれているので、美肌作りの成分も摂取できますね。

妊活


妊娠を望んでいる方にも効果が期待できると言われています。

ルイボスティーに含まれるSODは、活性酵素を除去するはたらきがあるので、卵子の老化防止に良いはたらきをもたらします。

また、ルイボスティーに含まれる亜鉛には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌促進の効能もあります。

エストロゲンが増えることで子宮内膜が厚くなるので、受精卵を迎え入れやすくなり、妊活に期待ができますね。

また、ルイボスティーはノンカフェインですので妊活中の方も安心して飲めます。

腸内環境の改善

ルイボスティーに含まれるSODは、腸内をキレイにし善玉菌のはたらきを活性化します。

善玉菌が増えることにより腸内環境が整い、便秘や下痢の解消が期待できます。

便通が改善することで体内の不要物が排出され、デトックス効果もありダイエットにもつながります。

また、腸内環境が整うことで免疫力も上がり、風邪を引きにくくなります。

安眠効果

ルイボスティーはノンカフェインですので、安眠効果も期待できます。

また、安眠効果でぐっすり睡眠がとれることで、ホルモンバランスも整い痩せやすい体質になります。

深い眠りを得ることで日中も活動的に動けるので、一石二鳥ですね。

ルイボスティーダイエットのやり方

では、ルイボスティーダイエットはどのように行ったら良いのでしょうか?

ルイボスティーダイエットの方法は簡単で、「食前に飲むこと」と「プチ置き換え」を行うだけです。

食前にルイボスティーを飲む

食前に水分をとることで、満腹感を得ることができ、どか食い・早食いや食べ過ぎを防ぐことができるため、毎食、食事の前にルイボスティーを飲むことをおすすめします。

水分がルイボスティーであれば、普通の水よりも様々な良い成分が含まれているので、なお効果が期待できますね。

間食をルイボスティーに置き換える

ケーキやクッキーが食べたくなったら、おやつの代わりにルイボスティーを飲みましょう。

もちろん、「ルイボスティーだけでは物足らない・・」という方は、アレンジして飲むのをおすすめします。

例えば、ホットのルイボスティーにすりおろした生姜と蜂蜜を少し入れて「ルイボス蜂蜜ジンジャー」にしたり、ゼラチンを溶かしてゼリーにしたりと、簡単なアレンジをするだけで、飽きずに飲むこともできます。

間食に置き換えるだけで、かなりのカロリーオフになり、よりダイエット効果が期待できます。
是非、試してみてくださいね。

ルイボスティーの飲み方

では、そんなルイボスティーの飲み方ですが、効果的に摂取できるよう、気をつけるべきポイントを4つご紹介します。

商品のクオリティ


ルイボスティーは、品質の良いものを使用しましょう。

具体的には、有機栽培のオーガニック茶葉を選ぶのがおすすめです。

お茶は、「洗う」ことができないので、出来るだけ安全なものを取り入れたいですよね。

煮出す時間


お茶の濃さも重要になってきます。

茶葉10g前後を1リットルの水で、約20分煮出しましょう。

こうすることでとても濃いルイボスティーが出来ます。

濃くはなりますが、味はそこまで変わらないのでご安心ください。

冷やして飲む方は、ティーバッグも取り出さずそのまま入れておきましょう。

より成分が溶け出すので、効果が上がります。

1日に飲む量

1日のルイボスティーの摂取目安量は、1リットルほどです。

1リットル以上とっても、逆に水分の取りすぎでお腹を壊したりするので、1日の水分の半分程度をルイボスティーにするイメージで取り入れてください。

そして、一気に飲むのではなく、1日の中で数回に分けて飲んでくださいね。

ルイボスティーの成分を少しずつ取り入れることで、効果の持続性が期待できます。

続ける期間

3ヶ月間を目安に続けてみてください。

3ヶ月間毎日続けることで、内側から体質改善につながっていくと思います。

通販で買えるおすすめのルイボスティー

ルイボスティーの茶葉は、スーパーやオーガニック専門店でも売られていますが、通販でも様々な良い商品が売られています。

今回は、おすすめの3つの商品をご紹介します。

RTRoomのルイボスティー

老舗のルイボスティー専門店の会社です。

最高級かつ有機栽培茶葉を100%使用しているので、安心です。

また、ルイボスティーも「スタンダード」や「グリーンルイボス」などラインナップが幅広く、選ぶのも楽しめますね。

エルバランシアのルイボスティー

スッキリとした味が美味しいと評判のエルバランシア。

オーガニックスーパーグレードの茶葉を使っているとのことですので、こちらも安心です。
パッケージもピンク色で、とても可愛らしいですね。

上位1%のスーパーグレードのみを使用したルイボスティー|エルバランシア

OrgaLifeのルイボスティー

超高級グレードの茶葉「オーガニッククラシックランク」を使用しており、まろやかな口当たりと高評価の商品です。

製造工場の有機JAS認定工場で行われており、安心ですね。

ルイボスティーの副作用


ルイボスティーは、基本的に副作用の心配はありません。

ノンカフェインで妊娠中も飲めるお茶でもあるので、安心して大丈夫かと思います

ただし、下記2点に関しては注意しましょう。

残留農薬

どのような栽培方法であるかが、カギを握っています。

農薬も少しならいいのですが、使用量が多くなると残留農薬も多くなり、副作用が出てしまう場合もあります

なるべく有機栽培の商品を選ぶなど、信頼できる商品を選びましょう。

過剰摂取

健康に良いからといって、飲みすぎには注意しましょう。

ルイボスティーに含まれるタンニンは、摂りすぎると便秘の原因になりますし、逆に水分を多く摂りすぎることでお腹がゆるくなる可能性もあります。

何事も摂りすぎには注意が必要ですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ノンカフェインで副作用もなく、栄養価も高いルイボスティー。

劇的に痩せるということはないですが、「痩せやすい」「アンチエイジング」「美肌」など、内側からの体質改善といった意味では、とても期待のできる素晴らしいお茶ですね。

味も美味しいですし、ダイエットと気負いせずに普段の生活の中で紅茶がわりに取り入れるのも良いと思います。

是非、今回紹介した方法を、生活に取り入れて見てくださいね。

管理栄養士 小玉奈津実からのコメント

ルイボスティーはSODやビタミン・ミネラルが豊富でダイエットに効果的ではありますが、過信しないように注意してくださいね。

バランスの良い食事、しっかり噛む、遅い時間に食事をしない、適度な運動をする、と言ったことを大前提とした上でダイエットを行うことが大切です。

特に、ヨガやストレッチなどの血行改善をうながす運動とルイボスティーは相性ぴったりです。

朝目覚めて、軽くストレッチをしてルイボスティーを飲む、ということをルーティンにすると、様々な身体に良い効果をもたらしてくれると思います。

ルイボスティーは痩せやすい身体へ導いてくれる素晴らしいものですので、ダイエットのサポートといった意味で積極的に飲んでいただきたいですね。

管理栄養士 小玉奈津実

管理栄養士、食品表示検定中級の資格を保有。給食委託会社で支配人兼管理栄養士として献立作成や現場調理を経験後転職し、外食系のメニュー開発、サプリメントの研究開発職、食品規格書の作成等に従事。現在は0歳の娘の育児をしながらフリーの管理栄養士として活動中。お仕事の依頼は、問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事