適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • ワンプレートダイエットで痩せる!レシピもご紹介

ワンプレートダイエットで痩せる!レシピもご紹介

/

ワンプレートダイエットで痩せる!レシピもご紹介

ワンプレートダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

管理栄養士 島田芽衣

管理栄養士

島田芽衣

ざっくり言うと

  • ワンプレートダイエットとは、1食につき1つのお皿で食事を済ませるダイエット方法です。

  • ワンプレートにすることで食事の量を制限し、摂取カロリーを抑えるということがダイエットのポイントとなります。

  • 一方で、揚げ物やご飯大盛りなど、あまりにも偏った食事をしてしまうと、逆に太ってしまう可能性があるので注意しましょう。

ワンプレートダイエットのやり方を皆さんご存知でしょうか?

ワンプレートランチなど一つのお皿で食事が出来るカフェなどもあり、召し上がったことがある方もいらっしゃると思います。

ワンプレートダイエットとは、一つのお皿のみで1回の食事を済ませることができ、カロリー制限や栄養のバランスも整えられる健康にも良いダイエット方法の一つです。

今回は、ワンプレートダイエットの効果やレシピ、また口コミなどご紹介させて頂きたいと思います。

ワンプレートダイエットとは

ワンプレートダイエットとは

ワンプレートダイエットとは、1食につき1つのお皿(ワンプレート)で食事を済ませるダイエット方法です。

1つのお皿を用意し、そこに食材をバランスよく載せても良いですし、好きな料理をお皿に乗る分載せて頂いても良いです。

ワンプレートにすることで食べ過ぎを防ぐことが出来たり、摂取カロリーが抑えられるというのがワンプレートダイエットの良い所であります。

やり方

やり方

ワンプレートダイエットのやり方は、お好みの1つのお皿を用意して毎食の食事をワンプレートに盛った食事だけ食べるダイエット方法です。

ご自分が用意したワンプレートに、好きな物を載せて食べても良いですし、主食、主菜、副菜といった必要な栄養素が摂れるようバランスよく食材を載せて食べて頂いても良いです。

好きな物を載せれるだけ載せて食事をしても良いですが、せっかくダイエットをしているのであれば、バランスよく栄養が摂れるように、ワンプレートに食材を載せて食べるというやり方をおすすめします。

ダイエットをすると摂取カロリーがいつもより減るため、必要な栄養素意識して摂るようにしないと、飢餓状態に身体がなりやすいです。
飢餓状態になると逆に身体が食べた物を蓄えようとして体重が落ちにくくなってしまったり、リバウンドしやすい身体へとつながってしまう恐れがあります。

主食・主菜・副菜を盛り付ける

おすすめのワンプレートダイエットのやり方としては、ワンプレートに主食、主菜、副菜が摂れるように食材を盛りつけましょう。

主食、主菜、副菜を意識して摂る事で、ダイエット時に必要な栄養素が摂れます。

また、食べ方としても、副菜である野菜から食べて、主菜のたんぱく質、主食の炭水化物といった順に食べると、血糖値がゆっくり上がってくれるので、食べ方も意識すると良いと思います。

低糖質の食品を使用する

使用する食材も血糖値が上がりにくい低糖質の食品を使用するよう心がけることで、血糖値の急上昇を防ぐことができて身体に脂肪がつきにくくなります。

低糖質の食品としては、炭水化物であれば玄米やライ麦パンなどの茶色物、また豆腐やお肉、お魚全般、緑の野菜などが比較的糖質が少ないので選ぶようにすると良いです。

色のついた野菜は野菜の中でも比較的糖質は多いですが、糖質ダイエットではないのでそこまで気にしなくても良いと思います。

血糖値が急激に上がってしまうと、身体からインスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。インスリンが分泌されると血糖値は上がった分だけ下がりますが、血糖値を下げた分は身体の中で分解された糖を脂肪に変えて、身体に蓄えようとします。

食べた物が身体に入ることで血糖値は上がり、インスリンが分泌されて通常の血糖値へと戻ることが食事を摂るたびに繰り返されますが、血糖値の上がり下がりが少ないほど身体に脂肪はつきにくくなります。

血糖値が上がりにくい低糖質食品を意識して食べることで、血糖値の急激な上がり下がりを防いでダイエット効果を高められます。

カロリー

1日の摂取カロリーはご自身の基礎代謝より多く摂るように心がけて、ワンプレートダイエットを行いましょう。

基礎代謝の測り方はこちらの記事で紹介しています。
基礎代謝を上げるおすすめの運動をご紹介!

基礎代謝よりも低い摂取カロリーを摂り続けると、身体が飢餓状態であると勘違いして、食べた物を身体に蓄えようとしてしまいます。

飢餓状態になると、ダイエットしているのにも関わらず体重が増えたり痩せづらくなってしまうということにつながってしまうので気をつけましょう。

ワンプレートダイエットの3つの効果

ワンプレートダイエットの3つの効果

ワンプレーとダイエットの3つの効果を紹介します。

摂取カロリーが抑えられる

ワンプレートダイエットをすることで、1日の摂取カロリーを抑えることが可能になります。
摂取カロリーよりも消費カロリーを多くするということが、ダイエットをする上では大事なポイントの1つです。

ワンプレートにすることで、無駄な間食が減り、普段食べている食事の量よりも少なくなるため、自然と摂取するカロリーも抑えられるというのがワンプレートダイエットの良いところです。

腹八分目に抑えられる

ワンプレートダイエットをすることで、腹八分目を意識しやすくなります。最初は、もしかしたら物足りなさもあるとは思いますが、段々とその量に慣れていき、少ない量でも満足出来る身体になります。

食べながらダイエット出来る

ワンプレートダイエットは、食べながらダイエット出来るというのが特徴の1つでもあります。

ダイエットをするとなると、「食べない、我慢する」というイメージが多いですよね。

ワンプレートダイエットは、ワンプレートに載せれる分だけ好きな物を食べられますので、食べられないというストレスがなくなりダイエットも継続しやすいと思います。

ワンプレートダイエットにおすすめなレシピ

ワンプレートダイエットにおすすめのレシピをご紹介致します。

豆腐ナゲットとサラダとスープの身体に優しいワンプレートご飯

材料 (1人分)
・玄米ご飯
・にんじん¼
・水適量
・木綿豆腐¼丁
・カシューナッツ5g
・胡椒少々
・地粉大さじ1
・パン粉適量
・揚げ油適量
・ケチャップ適量
・サラダ菜
・レタス
・お好みのドレッシング
・キャベツ1枚
・コンソメ粒適量

作り方
1.豆腐は水切りをする。その間ににんじん、カシューナッツをは粗みじん切りにします。

2.粗みじん切りしたにんじんに塩ひとつまみかけよくもみ、鍋に入れて中火でからいりします。水分がとんだら水を適量入れ、ふたをして5分程蒸し煮にします。にんじんが柔らかくなったらふたを外して水分を飛ばします。

3.ミキサーに水切りした豆腐とカシューナッツ、にんじん、胡椒を入れて軽く撹拌します。

4.3をボウルに入れて、パン粉を加え、ぽってりとまとまる程度に固さをちょうせし、平らな丸形にして、地粉をまぶします。
5.揚げ油を中温(約170度)に熱し、4を4分程揚げます。器に盛って、ケチャップを適量かけたらにんじん豆腐ナゲットの完成です。

6.玄米ご飯を適量盛り、サラダ菜とレタスは水で洗ってから適当な大きさにちぎってお皿に盛り、お好みのドレッシングをかけます。

7.スープ皿を用意し、そこに適当のコンソメ粒とお湯を入れてよく混ぜ、キャベツを適量に切って入れたらスープの完成です。

8.スープ皿をワンプレートのお皿の載せたら身体に優しいプレートご飯の完成です。

ワンプレートダイエットの口コミ

ワンプレートだダイエットの口コミ

ワンプレートダイエットの口コミをご紹介していきたいと思います。
ワンプレートダイエットは本当に効果があるのでしょうか。成功した口コミや失敗した口コミを集めてみました。

成功した口コミ

ワンプレートダイエットを行った結果、1週間で3kg、2週間で4.2kgの減量に成功しました!私は、もともと朝ご飯を食べません。昼と夜の1日2食をワンプレートにしただけで、他には運動などしていませんが、無事ダイエットに成功しました!(20代女性)

ヤセレポ

運動をしなくても普段通りの生活で食事をワンプレートに置き換えるだけで無理なく痩せれるというのは、うれしいですね。

こちらの方もワンプレートダイエットで2キロの減量に成功しております。ダイエットのお休みの日を作ってお酒を飲みながら、ストレスを溜めないで行うことができるといいですね。

見た目からも痩せたことが実感できるとうれしいですね。

失敗した口コミ

ワンプレートダイエットは、1週間ほどやりましたが、余り効果はありませんでした。
余りと言うか、正確には1キロも痩せていません。
これにより、かなりモチベーションが低下してしまいました。
そろそろ、ワンプレーとも飽きてきたからやめようかな・・・。
期待したほどのダイエット方法ではないですね。(20代女性)

ワンプレートダイエットの口コミ&効果をまとめました。

余り効果が出なかったという口コミもありました。体重が減らないとモチベーションも下がってしまいますね。

ワンプレートダイエットの注意点

ワンプレートダイエットの注意点

ワンプレートダイエットの注意点としては、食事内容にも気をつけると良いでしょう。ワンプレートダイエットは、ワンプレートにいくら好きな物を載せても良いからといって、「揚げ物だけ、ケーキだけ、ご飯大盛り」など、あまりにも偏った食事をしてしまうと、逆に太ってしまう可能性があります。

ワンプレートダイエットをするなら、野菜や肉、お魚などのたんぱく質、ご飯などの炭水化物がバランスよく摂れるようにすると、必要な栄養素が適量摂れるので、ダイエットもしやすいです。

あくまでも適量を意識して、摂りすぎには注意しましょう。

最後に

最後に

ワンプレートダイエットは、食べながら痩せる事が出来るダイエット方法です。食べない無理なダイエット方法はリバウンドにつながってしまいます。

ワンプレートダイエットを行なって、無理なく目標達成に向けて頑張ってみてください。

管理栄養士 島田芽衣からのコメント

ワンプレートダイエットは、摂取カロリーを抑えることが出来るのと、バランスよく栄養を摂りながらダイエット出来るというのが良い点でもあります。

お皿に盛れるだけ載せても良いですが、主食、主菜、副菜といった食材がバランス良く摂れるようにするのと、食材も偏らないように意識して載せるようにすると良いでしょう。

偏った食事だと栄養が足りていない食事を続けると、身体は飢餓状態だと勘違いして、逆に脂肪を溜め込もうとしてしまいます。ダイエット時は意識しないと栄養不足になって、リバウンドしやすい身体になってしまいます。ワンプレートダイエットは、自然とダイエットも出来て、バランスの良い食事が摂れてしまうというのもうれしいですね。

管理栄養士 島田芽衣

大学卒業後、管理栄養士の資格を取得。スポーツクラブへ就職し、インストラクター兼トレーナーとしてスタジオプログラム担当やトレーニング指導、栄養指導を担当。現在はフリーインストラクター兼パーソナルトレーナーとして活動しながら、管理栄養士としての執筆活動も行う。

この記事に関連する記事