適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • そら豆ダイエットとは?レシピもご紹介

そら豆ダイエットとは?レシピもご紹介

/

そら豆ダイエットとは?レシピもご紹介

そら豆ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

栄養士

小川真実

ざっくり言うと

  • そら豆ダイエットは、ただそら豆を食べて痩せるのではなく、そら豆に含まれるタンパク質やミネラル、ビタミンを摂取することで、健康かつ、効果的に痩せる体を目指すダイエット方法です。

  • 豆類であるそら豆にはタンパク質が豊富に含まれており、基礎代謝をしっかりとあげることができるので、消費カロリーを増加させます。

  • そら豆は低カロリーなのですが、糖質は多く含まれているため、1日の摂取量は15~20粒に収めるようにしましょう。

そら豆がダイエットに効果的な食品であることをご存知ですか?
そら豆は豆類の中でもカロリーがかなり低く、ダイエットに効果的な栄養素が多く含まれています。

今回はそら豆ダイエットのやり方や効果、注意点について詳しくご説明していきます。
「あの独特な青臭さが苦手・・・」という方のためのオススメそら豆レシピもご紹介します。

そら豆ダイエットとは

そら豆ダイエットとは

おつまみやおやつとして食べるイメージが強いそら豆は、実はダイエットに効果的な一面を持つ食品です。

そら豆ダイエットとは、ダイエット中にそら豆を食べて、そら豆のダイエット効果を取り入れるというダイエット方法です。

野菜や、フルーツを利用するダイエットをする方は多いのではないでしょうか?
逆にお肉やお魚はあまり摂らず、タンパク質が不足するということが起きがちです。

そら豆はタンパク質も同時に摂取することができて、健康にダイエットするためには欠かせない食べ物の1つです。

カロリー

そら豆は、調理の仕方によってカロリーにかなりの差が出てきます。
そら豆(100gあたり)の調理別のカロリーは以下のとおりです。

・生   108kcal
・ゆで  112kcal
・乾燥  348kcal
・フライ 472kcal

生の状態やゆでた状態のそら豆は比較的カロリーが低いですが、乾燥させたものやフライビーンズにしたものはかなり高カロリーとなります。

そのため、ダイエット中にソラマメを食べる場合は、必ず生の状態か、ゆでた状態のそら豆を食べるようにしましょう。

そら豆のダイエット効果

そら豆のダイエット効果

そら豆はさまざまなダイエット効果を持ち合わせた食品です。

豆類は美容や健康に良いとされていますが、そら豆は特に食物繊維ミネラルを豊富に含んでいるため、体に良い影響をもたらす食品です。

食物繊維は腸内環境改善に役立ちますし、ミネラルは食事で摂った糖質や脂質をエネルギーに変換するのを促す効果があります。

タンパク質が摂取できる

そら豆は豆類であるため、植物性のタンパク質を摂取することができます。

ダイエット中は食事量が減ってしまい、タンパク質不足になりがちです。
タンパク質が不足すると筋肉量が少なくなり、基礎代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちれば、消費カロリーが少なくなってしまいますから、ダイエットには逆効果です。

そら豆を食べてタンパク質を摂取することで、筋肉量の維持・向上ができ、基礎代謝が落ちてしまうことを防ぐことができます。

むくみ解消効果

そら豆を食べることで、むくみ解消に効果的なカリウムを摂取することができます。

体のむくみは、摂取しすぎた塩分が水を体内に引き寄せることによって起こります。
カリウムには体内の余分な塩分を排出させる働きがあるため、過剰に溜まった水分を排出させることができ、むくみを解消することができます。

むくみが解消されれば、すっきりとした体となります。

腸内環境の改善

腸内環境を改善させる

そら豆には食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境改善の効果が期待できます。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、そら豆に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維が多いです。

不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみ、便のカサを増して朝の蠕動(ぜんどう)運動を促す働きがあります。

腸の働きが活発になることで基礎代謝が上がり、消費カロリーを増やすことができるため、痩せやすい体作りに役立ちます。

ビタミン・ミネラルでエネルギー消費アップ

そら豆を食べることで、ダイエットに効果的とされるビタミンやミネラルを補うことができます。

なぜダイエットに効果的かというと、ビタミンやミネラルは、食事で摂取した糖質や脂質をエネルギー変換するときに用いられる栄養素であるからです。

ビタミンやミネラルが不足すると、糖質や脂質をエネルギーとして消費することができず、体に脂肪として蓄積されてしまいます。
そら豆を食べることで、ビタミンやミネラルの不足を防ぐことができますね!

そら豆ダイエットのやり方

そら豆ダイエットのやり方

そら豆ダイエットでは、1日15〜20粒を目安としてのそら豆を摂取してください。

そら豆を食べ過ぎると、ダイエット効果を得られるどころか太ってしまうため、目安量以上の摂取は避けるようにしましょう。

また、「そら豆ダイエットとは」の項目でお伝えした通り、そら豆は生の状態、もしくはゆでた状態のものを食べるようにしましょう。

乾燥させたものや、フライビーンズは非常にカロリーが高いため、それらの調理法のそら豆を食べることは避けてくださいね。

そら豆の値段は?

そら豆の値段は?

そら豆は、1さやあたり40~60円 で販売されています。
1さやあたりににそら豆が3〜4個入っているため、そら豆1粒で10〜20円といったところですね。

1日あたり20粒とすると、200~400円くらいになります。

そら豆の旬の時期は4〜6月とされていて、旬の時期になると、店頭に多くそら豆が並ぶようになり、価格も割とお手頃になります。

旬の時期にはとくに積極的にそら豆を購入して、ダイエットに取り入れましょう!

そら豆ダイエットの注意点

そら豆ダイエットでは、そら豆の食べ過ぎに十分注意しましょう。
そら豆を食べれば食べるほどダイエット効果が得られるわけではありません。

そら豆は1日15〜20粒を目安として食べて、それ以上食べることは避けるようにしてください。

そら豆は、カロリーは比較的低いですが、糖質含量が多い食品です。
ダイエッターの皆さんはご存知かと思いますが、糖質は太るモトとなりますから、そら豆を食べ過ぎて糖質摂取過多となれば太ってしまいます。

そら豆がダイエットに効果的だからといって、食べ過ぎないように十分注意してくださいね。

そら豆のダイエットレシピ

そら豆のダイエットレシピ

そら豆のダイエットレシピを3つご紹介します。

そら豆とさつま芋のクリームチーズ和え

そら豆とさつま芋のクリームチーズ和え

材料
・そら豆 8本
・さつまいも 中1/2本
・クリームチーズ 1個
・レモン 大さじ1
・塩こしょう 適量

♪空豆とさつま芋♪のクリームチーズ和え

作り方
1.そら豆をさやから取り出して塩ゆでにする。
2.さつまいもを食べやすい大きさに切ってゆで、ゆであがったら湯を捨てて、粉をふかす程度まで乾いりする。
3.冷めたそら豆は皮を外し、さつまいもと一緒にボールに入れる。
4.クリームチーズを食べやすい大きさに切り、ボールに入れ、レモンと塩こしょうで味付けする。

サツマイモは食物繊維が豊富で、さらに腸内環境が良くなりますね。
また、クリームチーズはダイエット中に不足しがちなタンパク質やカルシウムが摂取できます。
さまざまな栄養素が摂取できる一品ですね。

サツマイモってダイエットの時に食べても大丈夫なの?と思った方はこちらの記事もご覧ください。
韓国で痩せた成功事例が多い「さつまいもダイエット」の効果と方法

そら豆とササミのパルメザンサラダ

そら豆とササミのパルメザンサラダ

材料 (3~4人分)
・ササミ 3枚
・そら豆 20粒
・プチトマト 4個
・サニーレタス 適量
・パルメザンチーズ 大さじ3
・ブラックペッパー 少々
・酢味噌 少々
・塩 適量

空豆とササミのパルメザンサラダ

作り方
1.ササミは、多目のお湯に塩を入れてゆで、食べやすいようにさく。
2.そら豆は塩ゆでにし、皮をむく。プチトマトは適当な大きさに切る。
3.1と2をボールに入れて合わせ、パルメザンチーズをかけ、混ぜる。
4.皿にサニーレタスをひき、3を盛る。酢味噌を適量かけて、ブラックペッパーをふる。

トマトは抗酸化作用が強く、野菜の中でもダイエットに非常に効果的な野菜です。
また、ささみは低カロリー高タンパクしつであり、ダイエットにもってこいのタンパク質食品です。
そら豆も加わることで、ダイエット効果の高い一品となっています。

ダイエットや筋トレではもはやおなじみのササミです。ササミのダイエット効果についてはこちらもご参照ください。
鶏のささみダイエットの効果は?レシピと方法

そら豆のポタージュ

そら豆のポタージュ

材料 (3人分)
・そら豆 100g(塩ゆで・薄皮除去した状態で)
・玉ねぎ 100g
・にんにく 5g(小1片)
・バター 10g
・オリーブオイル 小さじ1
○砂糖 小さじ1
○コンソメ 1個
○水 200cc
・牛乳 100cc
・塩 適量
・あらびきこしょう 適宜

とろ~りスープ☆そら豆のポタージュ

作り方
1.さやから取り出したそら豆を3分程塩ゆでし、薄皮を取る。玉ねぎとにんにくを薄切りにする。
2.鍋にバター、オリーブ油、にんにくを入れて中火にかける。にんにくを香りが出るまで炒める。
3.そら豆と玉ねぎを加え、玉ねぎがしんなりするまで焦がさないように炒める。
4.砂糖、ブイヨン、水を加える。沸騰したら弱火にし、3分~5分煮る。
5.火を止め、牛乳を加えて混ぜる。ミキサーに移して、なめらかになるまで撹拌する。
6.鍋に戻し入れて火にかける。焦がさないように温め、塩で味をととのえる。
7.器に注ぎ、こしょうをかける。

こちらはそら豆を使ったポタージュで、そら豆の独特な風味が苦手だという方は、こちらのレシピがおすすめです。
バターやコンソメ、にんにくの風味が効いていて美味しく飲むことができますよ。

そら豆で健康ダイエット

最後に

そら豆を食べることでダイエットに効果的な栄養素を摂取できることがわかりましたね。

そら豆を食べることでダイエット効果が得られるだけでなく、美容や健康にも良い影響が受けられるため、おやつとして、また料理の食材として積極的に取り入れてみてくださいね。

今回は、そら豆を使ったダイエットレシピをご紹介したため、そちらを参考にしてヘルシーなそら豆料理を作って、そら豆ダイエットを実践してみてください。

栄養士 小川真実からのコメント

そら豆は日本人に不足しがちなミネラルが豊富な食品です。

そら豆には、とくに摂取不足となっている鉄が豊富に含まれているため、そら豆を食べることで体の鉄分を補うことができます。

そのため、そら豆はダイエット効果を得たい方だけではなく、鉄不足の方にもおすすめです。

ただし、そら豆は糖質を多く含むため、食べ過ぎて太ってしまうことのないよう、摂取量に十分注意してくださいね。

栄養士の資格を保有。食生活や健康に関する記事執筆を中心にフリーランスの栄養士として活動。

この記事に関連する記事