適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • やせるホルモンGLP-1を増やす方法

やせるホルモンGLP-1を増やす方法

/

やせるホルモンGLP-1を増やす方法
医師 重藤 誠

糖尿病専門医

重藤 誠

GLP-1とは、「やせるホルモンGLP-1とは」の記事にてご紹介した通り、痩せるホルモンと言われております。急激な血糖の上昇を抑えると同時に、満腹感を持続させることにより、痩せる状態を作り出します。

そんなGLP-1を増やす方法について、どのような方法があるかこちらの記事で紹介したいと思います。

日常生活でGLP-1を増やす方法は?

glp1 痩せるホルモン ダイエット
体に良いGLP-1を増やす方法は、主に炭水化物から摂取する、また腸内環境を整える方法があります。

炭水化物はGLP1に効果あり

glp1 痩せるホルモン ダイエット

GLP-1の分泌刺激物質として、いまのところ、ブドウ糖、短鎖飽和脂肪酸、フラクトオリゴ糖、アルロースなどの希少糖、レジスタントスターチなどの食物繊維が明らかになっています。

つまり、炭水化物を摂ることが非常に重要になってきます。
食事でGLP-1を増やそうとするなら、フラクトオリゴ糖を含み、食物繊維が豊富なごぼう、玄米、アスパラガス、にんにく、玉ねぎを摂るとよさそうです。
GLP-1は、極端な糖質制限、断食により減ることがわかっているため、GLP-1を増やすという点では、こうしたダイエット方法にも注意が必要です。

腸内環境の改善も重要

腸内環境 改善

GLP-1は腸で造られますので、腸内環境を改善するのは重要です。脂肪、特に動物性脂肪は腸内細菌のバランスを悪化させることが指摘されており、摂りすぎには注意です。サッカリン、スクラロース、アスパルテームなどの合成甘味料も、腸内細菌バランスに悪影響を及ぼすことがわかっています。

食事の多様性が腸内環境を改善することがわかっていますので、特定の食品を摂ればよいというものではありません。また、適度な運動、充分な睡眠なども、腸内細菌の改善には欠かせません。

GLP-1を増やすには効果がない?

GLP1 効果なし
インターネットやメディアでGLP-1を増やすと言われているものについて、海外論文含めて調べた結果、下記については、効果があると認められるものはありませんでした。

サバ缶、EPAとの関係性は?

サバ缶 GLP-1

数年前、サバ缶に多く含まれるEPAがGLP-1を増やすので、痩せる効果があると話題になり、サバ缶が売り切れたことがありました。結論から言うと、EPAを摂ることで、GLP-1が増える可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

世界の医学論文を調べることができるPubMedで調べたところ、マウスに大量にEPAを投与すれば増えたというデータはあるものの、人間において、EPAを含む不飽和脂肪酸を摂ればGLP-1が増えるというデータは存在せず、むしろ減るという報告がありました。ましてや、サバ缶を食べれば痩せるということも、医学的には言えません。

ほうれん草抽出物でGLP-1が出る?

ほうれん草 GLP1

GLP-1関連で広告されているサプリメントに、チラコイド(thylakoids)というのがあります。しかし、これについての研究は、1つのグループから論文がわずか3つ出ているだけでした。GLP-1+食物繊維で検索すると、100件以上の論文がヒットしますので、それと比べて信頼性がかなり低いものであることがわかると思います。

GLP-1を増やす可能性は否定しませんが、サプリメント会社から依頼された、結論ありきのデータと考えられます。本当だったとしても、サプリメントで摂らずとも、普通にほうれん草を食べればよいと思います。

GLP-1を増やすサプリメントや薬

glp1 痩せるホルモン ダイエット

GLP-1を生活改善にて意図的に増やすことは容易ではありません。サプリメントや薬での増やし方についてもお伝えできればと思います。

GLP-1を増やすサプリはあるのか?

glp1 痩せるホルモン ダイエット
残念ながら、現時点ではありません。ある種のビフィズス菌でGLP-1が増えたという報告もありますが、いずれも規模の小さな、実験レベルの報告で、科学的根拠としては弱いです。いずれにしても、人によって腸内細菌が大きく異なるため、この手の研究は個人差が大きく、評価が難しいところです。

強いて言うなら食物繊維ですが、食事から摂るほうが、ビタミン、ミネラルも補えますので、そちらの質を高めるほうが健康的です。

GLP-1を増やす薬もある

glp1 痩せるホルモン ダイエット

GLP-1はタンパク質ですので、口から摂っても消化酵素で分解されてしまうため、飲み薬はありません。現時点で確実にGLP-1を増やす方法は注射製剤です。アメリカで肥満治療に使われているものが、これにあたります。インスリン同様、皮下注射ですので簡単にできますが、医師の処方が必要になります。

注射というととてもハードルが高く、病院でしかできないイメージをもたれる方が多いと思いますが、皮下注射は自宅でご自身で注射をすることが可能で、便利な方法となります。(糖尿病の患者様が、インスリンを自宅で注射されているのと同様です。)

なお、錠剤のGLP-1も開発中ですが、少なくとも数年先の話です。糖尿病治療薬の中でも、DPP-Ⅳ阻害薬、α‐グルコシダーゼ阻害薬、一部のSGLT-2阻害薬、メトホルミンがGLP-1を増やすことがわかっていますが、その増加量はほんの少しです。したがって、体重を減らす効果は無いか、あってもGLP-1注射と比べると非常に低いです。内服薬という性質上、不明な点が多く、副作用もあることから、糖尿病ではない人がGLP-1を増やす目的に使うべきではありません。

私が院長を務めるシゲトウクリニックでは、ダイエット治療にGLP-1の処方をしております。
オンラインでの無料相談が可能となっておりますので、ぜひご興味ある方はご覧いただけますと幸いです。
シゲトウクリニック

医師 重藤 誠

重藤 誠 しげとう・まこと●医学博士。日本糖尿病学会認定糖尿病専門医。亀田総合病院などに勤務した後、英国オックスフォード大学を中心に、やせるホルモンともいわれるGLP-1につき研究。GLP-1に関する論文が国際科学雑誌に掲載されるなど業績多数あり。帰国後、総合病院日本バプテスト病院での糖尿病専門外来を継続しつつ、2016年よりGLP-1によるダイエット専門クリニックを開院。ストレスなく実践できる肥満治療を行っている。

この記事に関連する記事