適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • 甘酒豆乳のダイエット効果とレシピ

甘酒豆乳のダイエット効果とレシピ

/

甘酒豆乳のダイエット効果とレシピ

甘酒豆乳ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

栄養士

小川真実

ざっくり言うと

  • 甘酒豆乳ダイエットとは、甘酒と豆乳を組み合わせた甘酒豆乳を、毎日朝食時にコップ1杯飲むだけのダイエットです。

  • 甘酒豆乳は、便秘を解消したり、基礎代謝を良くしたりする働きがあります。

  • 甘酒に少々苦手意識がある方も、今回ご紹介した甘酒豆乳をおいしく飲む工夫や、アレンジレシピを参考に甘酒豆乳ダイエットに挑戦してみてください。

甘酒豆乳ダイエットをご存知でしょうか?

甘酒と豆乳を組み合わせた甘酒豆乳を飲むことで、ダイエットができるのです。

甘酒豆乳ダイエットは、テレビでも紹介され、便秘が解消されたり痩せやすくなったりするために口コミでも話題となっています。

今回は、甘酒豆乳のダイエット効果ややり方、またアレンジレシピもあわせてご紹介します。
ダイエット中に甘酒豆乳を飲んで、健康的にダイエットしましょう。

甘酒豆乳ダイエットとは

甘酒豆乳ダイエットとは

甘酒豆乳ダイエットとは、甘酒と豆乳を組み合わせた甘酒豆乳を毎日コップに1杯飲むというダイエット方法です。

甘酒は、お正月やひな祭りなどの行事ごとの際に飲むことはあっても、日常的に飲んでいる方は少ないのではないでしょうか。

甘酒は米麹や米飯が原料となって作られていて、アルコール分はほとんど含まれていないため、お酒が苦手な方やお子様も安心して飲むことができる飲み物です。

そんな甘酒と豆乳を組み合わせた甘酒豆乳にはダイエットに効果的な要素がいくつかあります。

そのため、甘酒豆乳を日常的に飲むことで、効果的にダイエットをすることが可能です。

甘酒は少々独特の味があり、好き嫌いが分かれる飲み物であるため、甘酒に苦手意識がある方は、「甘酒豆乳ダイエットは私には向かないかも・・・」と思っているかもしれませんね。

そこで今回は、そんな甘酒が苦手な方でも甘酒豆乳を飲むことができる工夫の仕方やアレンジレシピなどもご紹介していきます。

甘酒豆乳のダイエット効果

甘酒豆乳のダイエット効果

甘酒と豆乳には、それぞれダイエットに効果的な成分が含まれています。

どのような成分が含まれていて、どのようなダイエット効果があるのか、具体的にご説明していきます。

便秘解消効果が得られる

甘酒は発酵食品であり、また善玉菌の栄養源となるオリゴ糖が含まれているため、整腸作用が強く、便秘が解消されることが期待できます。

便秘が解消されれば、老廃物が排出されることで腸や臓器が滞りなく働くようになり、血流が改善されて基礎代謝がアップします。

基礎代謝がアップすれば、日常生活や運動で消費するカロリーが増えて、痩せやすい体質となります。

基礎代謝の維持・向上に効果的

基礎代謝の維持・向上に効果的

豆乳は大豆を原料としてつくられているため、甘酒豆乳を飲むことで、大豆タンパク質をしっかりと摂取することができます。

ダイエット中には食事制限によって食事量が減ってしまい、タンパク質摂取が不足しがちです。

タンパク質が不足すると、体の筋肉が落ち、基礎代謝が低下してしまう可能性があります。

そのため、甘酒豆乳を飲んで大豆タンパク質を摂取することで、タンパク質不足を予防して基礎代謝の維持・向上に努めることができます。

甘酒豆乳ダイエットのやり方

甘酒豆乳ダイエットのやり方

甘酒豆乳ダイエットでは、毎日コップ一杯の甘酒豆乳を朝食時に摂取することをおすすめします。

朝は、寝ている間に食べ物を摂取しないために体が栄養を必要としている状態となっており、最も栄養吸収がしやすい時間帯です。

そのため、朝食時に甘酒豆乳を飲むことで、甘酒豆乳のダイエットに効果的な栄養成分をより効率よく体に取り込むことができます。

朝食時の摂取が最もおすすめですが、それ以外でも、食事の前に飲んで満腹感を得ることで食事量を減らしたり、空腹感を感じたときに飲むことで、余計な間食を減らしたりすることもできます。

また、甘酒の独特な味が苦手であったり、毎日同じ甘酒豆乳ばかり飲むのに飽きてきたりした場合は、甘酒豆乳に生姜やココアパウダー、シナモンなどをプラスしてみてください。

これらの食品を加えることで、また違った味を楽しむことができ、美味しく甘酒豆乳ダイエットができます。

次の項目では、甘酒豆乳のアレンジレシピもご紹介するので、そちらも参考にしてみてください。

甘酒豆乳のレシピ

甘酒豆乳ダイエットに用いる、一般的な甘酒豆乳のレシピや、甘酒豆乳のアレンジレシピをご紹介していきます。

ほっと甘酒豆乳

ほっと甘酒豆乳

材料 (コップ1杯分)
・豆乳 100cc
・甘酒100cc

ほっと甘酒豆乳

作り方

1.豆乳と甘酒をコップに入れて軽く混ぜる。
2.600Wで1分30秒、温める。加熱が足りなければ、さらに30秒くらい温める。

シンプルな甘酒豆乳のレシピです。
甘酒豆乳ダイエットを実践する方は、こちらのレシピを参考に甘酒豆乳をつくってみてください。

甘酒豆乳ヨーグルト

甘酒豆乳ヨーグルト

材料 (2人分)
・甘酒 140cc
・豆乳 60cc
・プレーンヨーグルト100g

我が家の元気の源♪甘酒・豆乳・ヨーグルト

作り方
1.甘酒・豆乳・ヨーグルトを混ぜる。
2.甘さなどは、お好みで加減する。

発酵食品であるヨーグルトを加わえることで、さらに整腸作用高まることが期待できます。

豆乳の量があまりなかったときや、豆乳があまり好きでない方はこちらをレシピを参考にすると、豆乳の使用量を減らすことができますよ。

豆乳甘酒ゼリー

豆乳甘酒ゼリー

材料 (小さいカップ5個分)
・甘酒 200cc
・豆乳 200cc
・ゼラチン5g

とろける豆乳甘酒ゼリー

作り方
1.甘酒と豆乳とゼラチンを鍋に入れる。
2.お玉でかき混ぜながら、中火で沸騰直前まで(80度くらい)加熱する。
3.カップに注ぐ。
4.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして固める。

普通の甘酒豆乳を飲むのに飽きてきた方は、こちらのレシピを参考に甘酒豆乳のゼリーを作ってみてください。

ひんやり冷えているのど越しの良いゼリーにすることで、暑い夏にもおいしく甘酒豆乳を摂取できますね。

甘酒豆乳きな粉プリン

甘酒豆乳きな粉プリン

材料 (4〜5個分)
・甘酒 200ml
・豆乳 200ml
・ゼラチンパウダー 5g
・水 50g
・きな粉 20g
〈仕上げ〉
・きな粉 適量
・黒蜜 適量

レンジで簡単☆甘酒豆乳きな粉プリン。

作り方
1.耐熱の深めの器に水を入れ、ゼラチンを振り入れて軽くふやかしたら、600Wのレンジで20秒程加熱する。
2.泡立て器でかき混ぜながら豆乳、甘酒、きな粉を加え、よく混ぜる。
3.器に流し入れて固まるまで冷蔵庫で冷やす。
4.きな粉と黒蜜をかけて出来上がり。やわらかく型抜きはできないため、スプーンですくってお召し上がり下さい。

こちらも、甘酒豆乳のアレンジレシピであるので、普通の甘酒豆乳に飲み飽きてしまったら、試してみると良いですよ。

きなこの風味と黒蜜の甘さで、甘酒豆乳をより美味しく摂取することができます。

甘酒豆乳の黒ごまアイス

甘酒豆乳の黒ごまアイス

材料 (2〜3人分)
・豆乳 100ml
・甘酒100ml
・黒ごま 大さじ1/2
・片栗粉 小さじ1/4

後味サッパリ!豆乳と甘酒の黒ごまアイス

作り方

1.鍋に材料を全て入れ、混ぜて火にかけ、少しとろみがつくまで煮詰めたら火を止める。
2.粗熱が取れたら容器冷凍庫で凍らせる。凍るまでに数回かき混ぜる。

甘酒豆乳を使って、アイスもつくることができます。
ポイントは、凍るまでに数回かき混ぜること。
こうすることで、ふわっとしたアイスクリームの食感となります。
こちらも、夏にぴったりの甘酒豆乳アレンジレシピです。

甘酒豆乳ダイエットの口コミ

甘酒豆乳ダイエットの口コミ

甘酒豆乳ダイエットを実践して、ダイエット効果を得ている方はいるのでしょうか。
甘酒豆乳ダイエットの口コミをご紹介していきます。

こちらの方は、甘酒豆乳を飲むことで、痩せやすくなることを実感しているそうです。

こちらの方は、食事を甘酒豆乳に置きかえて摂取しているそうです。

こちらの方は、甘酒豆乳の便秘解消効果を実感しているようです。

こちらの方は、朝食を甘酒豆乳に置きかえて摂取しているそうです。

甘酒豆乳ダイエットの注意点

甘酒豆乳ダイエットの注意点

甘酒豆乳ダイエットに取り組むにあたって、注意していただきたい二点について詳しくご説明していきます。

コップ一杯の摂取を目安にする

甘酒豆乳の摂取量の目安は、毎日コップ一杯を目安です。
甘酒豆乳に使用する豆乳には、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをするため、美肌効果や骨粗しょう症予防に効果的です。

「それなら、大豆イソフラボンをたくさん摂取した方が良いのでは?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は大豆イソフラボンは多く摂取しすぎることで、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、体調不良を引き起こしかねません。

甘酒豆乳は1日にコップ一杯の摂取を目安とし、大豆イソフラボンは適度に摂取するようにしましょう。

長期的に摂取する

甘酒豆乳ダイエットでは、甘酒豆乳を長期的に摂取してダイエット効果を得ましょう。

甘酒豆乳を飲み始めて、すぐにダイエット効果が得られるケースは少ないです。

長期的に甘酒豆乳を摂取することで、ダイエットに効果的な栄養素が日常的に体に取り込まれるようになり、ダイエット効果が得られます。

そのため、ダイエット効果が出てこないからと甘酒ダイエットをすぐにやめてしまうのはもったいないです。

甘酒豆乳ダイエットは、長い目でみておこないましょう。

最後に

最後に

甘酒豆乳は、便秘を解消したり、基礎代謝を良くしたりする働きがあり、ダイエットに効果的な飲み物であることがわかりましたね。

甘酒に少々苦手意識がある方も、今回ご紹介した甘酒豆乳をおいしく飲む工夫や、アレンジレシピを参考に甘酒豆乳ダイエットに挑戦してみてください。

もちろん、甘酒や豆乳が得意な人方は、率先して甘酒豆乳ダイエットに励んでくださいね。

栄養士 小川真実からのコメント

甘酒豆乳ダイエットは、便秘解消効果や代謝改善効果が期待できるため、便秘や代謝不良に悩んでいる方に、ぜひともおすすめしたいダイエット方法です。

甘酒豆乳は、温めて飲むことで体が温まり、より基礎代謝をアップさせることができるため、温かい甘酒豆乳を飲むことをおすすめします。

甘酒も豆乳も、スーパーで手軽に購入することができる飲み物であるため、非常に取り組みやすいダイエット方法です。

栄養士の資格を保有。食生活や健康に関する記事執筆を中心にフリーランスの栄養士として活動。

この記事に関連する記事