適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • 罪悪感なし!ダイエット向きなケーキレシピ

罪悪感なし!ダイエット向きなケーキレシピ

/

罪悪感なし!ダイエット向きなケーキレシピ

ケーキダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    2

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

栄養士

小川真実

ざっくり言うと

  • ケーキは糖質も脂質もたっぷりで、ダイエットには当然不向きなのですが、どうしても食べたいという方は、200kcal以下で、朝食や昼食の後のデザートとして食べましょう。

  • ダイエット中にケーキが食べたくなったら、手作りするのが最もカロリーを抑えることができ、1カット100kcal以下のレシピもあります。

  • 市販のケーキは基本的にカロリー、糖質の観点からダイエットには全く向いていませんが、卵や乳製品が多く含まれているケーキは、比較的ダイエット向きな栄養素を含んでいます。

今回は、ダイエット中にケーキを食べる際に注意するべき点について、詳しくお伝えしていきます。

さらに、お店でケーキを買うときの選び方やカロリー控えめな手作りのケーキレシピもご紹介します!

ダイエット中はケーキを食べないようにする方がほとんどではないでしょうか。
実は、ケーキの選び方や食べ方に注意することで、ダイエット中にケーキを食べても痩せられます。

ご紹介する内容を参考に、ダイエット中でも罪悪感なくケーキを食べましょう。

ケーキを食べることで痩せるダイエット方法ではないので注意してくださいね!

ダイエット中のケーキの食べ方

ダイエット中のケーキの食べ方

ダイエット中にケーキを食べる際には、ケーキをいつ食べるのか、また、どれくらいの量を食べるのかがポイントとなります。

ケーキを食べるタイミングとケーキを食べる量について、詳しくご説明していきます。

ケーキを食べるタイミング

ケーキを食べるタイミング

ダイエット中にケーキを食べるタイミングは、朝食後または昼食後がベストです。
ケーキは糖質が多く含まれる食品であるため、空腹時に食べると血糖値が急激に上昇し、身体に脂肪が蓄積されやすくなります。

そのため、朝食や昼食を食べた後の、食後のデザートとして食べることをおすすめします。

ちなみに、夜は一日の中で最も脂肪が蓄積されやすい時間帯であるため、夕食後にケーキを食べることは避けるようにしましょう。

ケーキを食べる量

ケーキを食べる量

ケーキを食べる量は、できる限り少なくしていただきたいですが、目安としては200kcal以下となるようにしてください。

市販のケーキは一個あたり250〜400kcalで、ケーキを一個食べると確実に200kcalを超えてしまいます。

そのため、ダイエット中にケーキを食べる際には、一個すべてを食べるのではなく、半分量を食べるようにしましょう。

ケーキダイエットのレシピ

ケーキダイエットのレシピ

ケーキダイエットのレシピを5つご紹介します。ケーキのカロリーも紹介しておりますので、食べる際の参考にしてみてください。

ヨーグルトのスフレチーズケーキ

ヨーグルトのスフレチーズケーキ

材料 (15㎝丸型)
・水切りヨーグルト 140g
・卵 2個
・牛乳 50g
・コーンスターチ 12g
・きび砂糖 60g

水切りヨーグルトでスフレチーズケーキ風♡

カロリー
一切れ(1/6ホール)あたり 96kcal

作り方

1.ボウル、ヨーグルト、砂糖1/3、卵黄(2個分)、牛乳、コーンスターチ(2回に分けて)の順に投入し、その都度よく混ぜる。
2.別のボウルに卵白(2個分)を入れ、砂糖を2回に分けて投入する。ハンドミキサーで固めのメレンゲをつくる。
3.1のボウルに3回に分けて2を入れ、さっくりと混ぜ合わせる。
4.型に流し入れる。
5.鉄板にお湯を入れて160度オーブンで40分焼いた後、さらに140度で10分焼く。
6.オーブン扉を10cmほど開け、オーブン内で20分ほど放置する。
7.ラップをして冷蔵庫でよく冷やす。

こちらは、チーズやバターなどの高カロリーな食材を使うことなく、ふわふわでおいしいスフレチーズケーキをつくることができるレシピです。

一切れあたりのカロリーは100kcalを下回っており、ダイエット中でも安心して食べられます。

豆腐入りホットケーキ

豆腐入りホットケーキ

材料 (4枚)
・ホットケーキミックス 150g
・絹豆腐 半丁
・卵 1個
・牛乳 50ml

豆腐でもっちもち分厚いホットケーキ

カロリー
一枚あたり 189kcal

作り方

1.ボウルに豆腐を入れて混ぜる。完全に形がなくなったら、卵を入れて泡立て器で混ぜる。
2.1にホットケーキミックスを入れ、ヘラで混ぜ合わせる。さらに牛乳を加える。
3.フライパンに油を引き、中火で温める。生地を流し入れ、ふたをして弱火でじっくり焼く。
4.焼き色がついたら、ひっくり返し、再度ふたをして焼く。串を刺して、生地がついてこなくなるまで焼く。

豆腐を加えてホットケーキを焼くことで、ホットケーキミックスの使用量を減らすことができ、低カロリーなホットケーキとなります。

カロリーが抑えられるだけでなく、もちもち感もアップして、よりおいしいホットケーキができます。

実はホットケーキミックスを使ったダイエット方法もありますので、こちらもぜひ読んでみてください。
ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

りんご&さつま芋の米ぬかケーキ

りんご&さつま芋の米ぬかケーキ

材料 (直径10センチのマドレーヌ型5個分)
・さつま芋 100g
・りんご 1個
・米ぬか 70g
・スキムミルク 40g
・ココナッツパウダー 20g
・シナモン 小さじ1
・ベーキングパウダー 小さじ1
・卵 2個
・牛乳 120cc
・はちみつ 大さじ2
・バニラエッセンス 適量

りんご&さつま芋の米ぬかケーキ

カロリー
一個あたり 110kcal

作り方
1.さつま芋は、ゆでるもしくはレンジで加熱し、柔らかくして皮をむく。りんごも皮をむいて1.2cm角に切る。
2.フードプロセッサーまたはミキサーにりんご以外のすべての材料を入れる。
3.2にりんごを入れて混ぜ合わせ、カップに入れる。
4.180度に予熱したオーブンで、20~25分、加熱する。
5.できれば冷蔵庫で半日~寝かす。

食物繊維の豊富なさつまいもと米ぬかが入っているため、ダイエットに効果的なケーキとなっています。
さらに、代謝促進作用のあるシナモンを入れることで、代謝アップも期待できます。

ヘルシーなココアシフォンケーキ

ヘルシーなココアシフォンケーキ

材料 (17cmシフォン型)
・薄力粉 80g
・卵黄 3コ
・水70cc
・きび砂糖 20g
・塩 少々
<ココア液>
・ココア 大さじ2
・お湯 大さじ2
<メレンゲ>
・卵白 4コ
・きび砂糖 30g

超ヘルシーなココアシフォンケーキ。

カロリー
一切れ(1/6ホール)あたり 41kcal

作り方

1.小麦粉は3回ふるい、オーブンは170℃に温めておく。
2.お湯とココアを混ぜ合わせる。
3.卵黄と砂糖(20g)をボウルに入れ、よく混ぜる。
4.3に2のココア液、水、塩の順番で混ぜ合わせる。
5.卵白を泡立てる。砂糖(30g)は大きめの気泡が出てきてから分けて入れる。
6.ボウルを逆さにしても落ちてこないくらいまで泡立てる。
7.4のボウルに薄力粉をふるいながら入れる。粉っぽさがなくなるまで、手早く混ぜ合わせる。
8.7に6のメレンゲの1/3量を入れ、混ぜ合わせて生地になじませる。
9.残りのメレンゲの半量を入れ、ボールの底からメレンゲをすくい上げるように混ぜ合わせる。
10.残りのメレンゲを全部入れ、メレンゲの塊が残らないように手早く混ぜ合わせる。
11.生地を型に流し込み、型を軽く打ちつける。
12.170℃に温めたオーブンで40分焼く。
13.焼き上がったらすぐに型をビンなどにさして、逆さまにして冷ます。

こちらのシフォンケーキは一切れあたり41kcalと、かなり低カロリーなケーキとなっていて、ダイエット中に食べるケーキとしては最適です。
メレンゲをつぶさないように、さっくりと混ぜ合わせるのがコツです。

おからとりんごのケーキ

おからとりんごのケーキ

材料 (パウンド型1本分)
・卵 2個
○三温糖 大さじ2
○牛乳 大さじ3
○スキムミルク 大さじ3
・りんご 1個
・生おから 150g
・BP 5g

ノンオイル☆ノン小麦粉☆おから林檎ケーキ

カロリー
一切れ(1/8本)あたり 91kcal

作り方
1.りんごは皮をむき、8等分にして いちょう切りにする。オーブンを180度に予熱する。
2.ボウルに卵を入れ、しっかり泡立てる。○を加えてよく混ぜ、さらにりんごも加える。おから、BPも入れて混ぜる。
3.型に流し込み、オーブンで約40~45分焼く。

生おからを使用することで、小麦粉を一切使うことなくケーキがつくれます。
バターや油も一切使っておらず、ダイエット向きなケーキです。

お店でケーキを選ぶときの注意点

お店でケーキを選ぶときの注意点

ダイエット中にお店でケーキを選ぶときには、脂質や炭水化物が多く含まれているケーキは避けて、タンパク質が主な原材料となっているケーキを選びましょう。

バター・生クリームなどの脂質や、砂糖・小麦粉などの炭水化物が多く含まれているケーキは、比較的高カロリーであったり、糖質含量が多かったりするため、ダイエット向きではありません。

卵・乳製品などのタンパク質が多く含まれているケーキは、タンパク質が基礎代謝向上に役立つ栄養素であるため、比較的ダイエット向きなケーキです。

脂質、炭水化物、たんぱく質それぞれが多く含まれるケーキを具体的にご紹介していきます。

脂質が多く含まれているケーキはNG

脂質が多く含まれているケーキはNG

脂質が多く含まれているケーキは以下のとおりです。

・ミルフィーユ
・アップルパイ
・ティラミス
・モンブラン
・ロールケーキ
・ショートケーキ
・パウンドケーキ
・濃厚チーズケーキ

これらのケーキには、生クリームやバターが多く使用されているため、脂質量が多くなっています。
脂質はカロリーが高いため、これらのケーキを選ぶことは避けましょう。

炭水化物が多く含まれているケーキはNG

炭水化物が多く含まれているケーキはNG

炭水化物が多く含まれているケーキは以下のとおりです。

・フルーツタルト
・フロランタン
・ガトーショコラ
・ブラウニー

これらのケーキには、砂糖や小麦粉が多く使用されているため、炭水化物量が多くなっています。

炭水化物が多く含まれていると、太るモトとなる成分である糖質含量も高い傾向にあるため、これらのケーキを選ぶことは避けましょう。

タンパク質が多く含まれているケーキは比較的OK

タンパク質が多く含まれているケーキはOK

タンパク質が多く含まれているケーキは以下のとおりです。

・シフォンケーキ
・スフレチーズケーキ
・ヨーグルトケーキ
・プリンケーキ

これらのケーキは、卵や乳製品などのタンパク質食品が主な原材料となっています。
タンパク質は基礎代謝向上に役立つ栄養素であるため、お店でケーキを選ぶときにはこれらのケーキを選ぶようにしましょう。

ダイエット中にケーキを食べて「太った」とならないためのポイント

ダイエット中にケーキを食べて「太った」とならないためのポイント

ダイエット中にケーキを食べて太らないようにするには、ケーキを食べる日の、食事の内容や量を工夫するようにしましょう。

「どうしても甘いものが食べたい!」と思ってケーキを食べた日には、夕食の量を減らしたり、ご飯の摂取を控えたりして、カロリー摂取や糖質摂取を抑えれば、太る心配はありません。

また、野菜やキノコ、海藻類を多く取り入れた食事にすることで、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く摂取することができ、脂肪蓄積を防ぐことができます。

ダイエット中にケーキを食べても、食べた分を食事で調整することで、ダイエットに支障をきたすことを防ぐことができます。

ダイエット中のケーキはなしではない

最後に

ダイエット中にケーキを食べる際には、食べるタイミングやケーキの種類、また食事の内容や摂取量をすることで太る心配なくケーキを食べられることがわかりましたね。

今回ご紹介した、ケーキの選び方や食べ方を参考に、ダイエット中にも我慢をせずにケーキを食べて、ストレスフリーにダイエットをしてみてくださいね。

ご紹介したケーキダイエットのレシピも活用して、低カロリーなケーキを食べてダイエットに励んでください。

栄養士 小川真実からのコメント

ダイエット中でも、ケーキのような甘くておいしいものを適度に摂取することで、ストレスなくダイエットを続けることができます。

少しでも早く、ダイエット効果を得たいがために、とにかく食べることを我慢し続けてダイエットをおこなう方もいらっしゃいます。

しかし、過度な我慢は大きなストレスを招き、結果的に暴飲暴食してしまうことになる可能性が高いです。

食べる量に十分注意し、ケーキの種類や食べ方を工夫すれば、ダイエット中でもケーキを食べて痩せることができるでしょう。

栄養士の資格を保有。食生活や健康に関する記事執筆を中心にフリーランスの栄養士として活動。

この記事に関連する記事