適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

グリーンスムージー比較
  • 酵素玄米ダイエットとは?効果とレシピと口コミ

酵素玄米ダイエットとは?効果とレシピと口コミ

/

酵素玄米ダイエットとは?効果とレシピと口コミ

酵素玄米ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

default profile picture

管理栄養士

穴井美沙樹

ざっくり言うと

  • 酵素玄米ダイエットとは、毎日の主食を酵素玄米に置き換えるダイエット方法です。酵素玄米は、玄米と小豆を一緒に炊いて、3日保温すると完成します。

  • 酵素玄米ダイエットは、ビタミン・ミネラル、食物繊維を豊富の摂る事ができます。

  • 酵素玄米には満腹感があるので、おかずをたくさん用意する必要がなくなることと、デトックス作用が強いのでお腹痩せが期待できることが魅力です。短期間で大幅に減量できる方法ではありませんが、ゆっくり着実に結果が得られます。酵素玄米の炊き方をマスターして、理想の身体づくりに近づくための手段として、実践してみてみましょう。

ダイエットは、「我慢」「努力」がつきものという印象がありますよね。

仕事や家事で忙しい方にとっては、いつもバランスの良い食事を摂ること、運動の時間を捻出することは、正直大変です。

美味しく食べながら、理想の身体づくりをしたいと思いませんか?

今回は、美味しくて続けやすいと話題の、酵素玄米についてお知らせします。

酵素玄米の効果、やり方、試した方の口コミ、レシピをお伝えしていきたいと思いますので、よかったら、参考にしてみてくださいね。

酵素玄米ダイエットとは

酵素玄米ダイエットとは

酵素玄米ダイエットとは、毎日の主食を酵素玄米に置き換えるダイエット方法です。

酵素玄米は、玄米と小豆を一緒に炊いて、3日保温すると完成します。

玄米は米粒の中で栄養価の高い表皮を食べる事ができますが、白米に比べるとパサついた印象があり、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

玄米を高温で保温を続けると、パサついた表皮が柔らかくなり、もっちりした食感に代わります。

満腹感も得られやすくなるので、美味しく食べて、玄米の身体に溜まった不要なものを排出できる力を利用出来ることが、この酵素玄米ダイエットの魅力です。

酵素玄米ダイエットの効果

酵素玄米ダイエットの効果

ビタミン・ミネラルがしっかり摂れる

美容と健康に必要な、ビタミン・ミネラル。

これらが不足すると、脳は「栄養不足」と判断し食欲が抑制できず、食べ過ぎてしまいます。

食べすぎた分は、身体の防御反応で、優先的に内臓が詰まったお腹に脂肪がついてしまいます。

玄米には、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれるので、食べすぎを防ぐ事に一役かっています。

食物繊維が豊富

食物繊維は、身体に蓄積された不要なものを排出する作用があります。

玄米はデトックス力が高いので、身体の不要なものの排出を助けてくれます。

小豆のダイエットお役立ち成分

小豆に含まれるサポニンという成分は、血中のコレステロールや中性脂肪の生成を抑えてくれる効果があります。

玄米とのデトックス効果と合わせて、相乗効果も期待できます。

酵素玄米ダイエットのやり方

酵素玄米ダイエットの具体的なやり方と作り方について紹介します。

酵素玄米を主食として食べる

朝・昼・夕の食事の主食として食べます。
1日2合程度が適量です。

空腹感がどうしても出てくる場合は0.5合増やして様子をみて下さい。

主食6割 おかず4割の食事を摂る
主食6割、おかず4割は、食事で摂ったカロリーを効率的に燃焼する栄養バランスです。

イメージとして、ご飯、具だくさんの味噌汁、小さめの皿にのる程度のおかずと考えて頂くとよいでしょう。

まずは、10日間やってみる

結果に個人差はありますが、10日間続けると腹囲の変化・肌質の変化・便秘解消といった効果が現れてきます。

小さな変化を喜び、楽しみながら取り組むのもダイエットのポイントです。

酵素玄米の作り方

酵素玄米の作り方

材料
・玄米(2合)
・小豆(18g)
・自然塩(2g)
・水(3合)

酵素玄米の美味しい炊き方

作り方
1.玄米を洗い、水に2時間~1晩程度漬けておく。
2.ざるで水をきり、圧力鍋に玄米・小豆・塩・水を入れて強火にかける。
3.圧がかかったら弱火で25分。10分蒸らして全体を混ぜたら完成。

保温ジャーに移し、1日1回しゃもじで混ぜる。3日経過したころが食べごろです。

酵素玄米におすすめなおかずのレシピ

酵素玄米と組み合わせて食べていただきたいおかずのレシピを3つ紹介します。

ぬか漬けのレシピ

ぬか漬けのレシピ

材料4人分
・ぬか漬けの素(1袋)
・水(450cc)
・タッパー
・きゅうり(2本)
・にんじん(1本)

簡単ぬか漬け♬ぬか床

作り方
1.タッパーにぬか漬けの素と水を入れる。
2.にんじんときゅうりを洗ってキッチンペーパーで拭きタッパーにセット。
3.上から被せて、1日漬けたら完成。

具だくさん味噌汁のレシピ

具だくさん味噌汁のレシピ

材料2人分
・人参(1/3本)
・しめじ(1/4袋)
・油揚げ(1枚)
・乾燥わかめ(小さじ1)
・味噌(大さじ1)
・だし汁(400cc)

具だくさん味噌汁

作り方
1.人参は、いちょう切り。しめじは、石づきを切ってほぐす。油揚げは、半分に切って1㎝幅に切る。
2.だし汁に人参、しめじを入れて火にかける。沸騰したら、油揚げとわかめを入れる。
3.人参に火が通ったら火を止め、味噌を溶かし入れる。

肉味噌のレシピ

肉味噌のレシピ

材料
・鶏ひき肉(200g)
・味噌(大さじ2)
・しょうゆ(小さじ1)
・みりん(大さじ1/2)
・砂糖(小さじ2)
・白ごま(大さじ1)
・ごま油(適量)

子どもと食べられる♡簡単肉味噌

作り方
1.調味料は合わせておく。フライパンにごま油を入れ、鶏ひき肉を炒める
2.鶏ひき肉に火が通ったら、合わせておいた調味料を入れ、中火で焦げないように炒める
3.少し水気が飛んで、パリパリとした音になってきたら完成

酵素玄米ダイエットの「成功した」「失敗した」口コミ

酵素玄米ダイエットの「成功した」「失敗した」口コミ

酵素玄米ダイエットを実践した方の成功した口コミと失敗した口コミを紹介します。

成功した口コミ

まずは、酵素玄米ダイエットで効果を実感した方の口コミをみていきましょう。

こちらの方は便秘解消効果を実感しておられますね。
酵素玄米には食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘解消効果が期待できます。

酵素玄米を作ってダイエットをすれば、食事のメニューを考えるストレスが減るのもメリットですね。

失敗した口コミ

次に、残念ながら効果を実感できなかった方々の口コミをみていきましょう。

実際に酵素玄米ダイエットを実践し、効果を感じられている方もいれば、炊飯に関して手間を感じている方もいらっしゃるようですね。

酵素玄米ダイエットの注意点

ダイエット効果が期待できる酵素玄米ですが、注意していただきたい点が3点あります。

酵素玄米を食べ過ぎない

日常的に運動していない女性の場合、2~2.5合程の量が目安です。
それでも空腹感がある場合は、咀嚼が足りない場合があります。

食事は15分以上掛ける

よく噛むと胃腸がよく動くので食べ物の消化が活発におこなわれますので、酵素玄米を食べるときは最低でも15分かけて食べましょう。
時間をかけて食べることで、お腹痩せしやすくなります。

お腹の調子が悪くなたらやめる

体質によってはお腹の調子が悪くなる方もいらっしゃいます。

お腹が弱い方は、白米と玄米を混ぜたものから始めてみて、徐々に玄米の割合を増やすことで身体が玄米に慣れるように進めてみて下さい。

最後に

環境が変わっても毎日やっていることと言えば「食事」ですので、食事を食べながら、目指す結果が得られると良いですよね。

酵素玄米ダイエットは、短期間で大幅に必ず減量できる方法ではありませんが、ゆっくり着実に結果が得られる方法です。

酵素玄米には満腹感があるので、おかずをたくさん用意する必要がなくなることと、デトックス作用が強いのでお腹痩せが期待できることが魅力です。

酵素玄米の炊き方をマスターすれば、あとは毎日食べるだけです。

ぜひ、理想の身体づくりに近づくための手段として、実践してみてはいかがでしょうか。

管理栄養士 穴井美沙樹からのコメント

酵素玄米に使う材料(小豆・玄米・塩)は、どれもスーパーなどで手に入れやすいものであることが評価できます。

炊飯手順だけ覚えれば、日々の食事に取り入れることが出来るので、習慣化しやすい点が魅力です。酵素玄米ダイエットはとくに運動の時間が取りにくい方や今まで色々なダイエットに取り組んでみたけど、成果が出なかった方におすすめのダイエット方法です。

また、酵素玄米のダイエット効果は何よりも、玄米のデトックス作用です。食物繊維が多く含まれる部分を食べるので、体の中の不要なものを排出する力が強くなります。便通が良くなり、お腹痩せを達成しやすくことが期待できます。

玄米を食べることにより、お腹の調子が悪くなる方もいらっしゃるかもしれませんので注意が必要です。初めから完全に玄米だけで食べずに、白米と混ぜたものから始めて、徐々に玄米の割合を増やすことをおすすめします。

管理栄養士 穴井美沙樹

管理栄養士 病院・高齢者福祉施設・フィットネスクラブにて勤務経験をもつ。調理、栄養指導、献立作成などに従事。現在はフリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は問い合わせのページよりお問い合わせ下さい。

この記事に関連する記事