適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • ノンアルコールでダイエット?栄養士が解説

ノンアルコールでダイエット?栄養士が解説

/

ノンアルコールでダイエット?栄養士が解説

ノンアルコールダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

栄養士

小川真実

ざっくり言うと

  • ダイエット中にアルコールを摂取したくなった場合、ノンアルコール飲料は、アルコール飲料よりもカロリーが低いため、ダイエット中の方におすすめです。

  • アルコールを摂取する習慣がある方は、アルコールの摂取を断つことで、ストレスとなり、ダイエットの継続が困難となる場合が多いですが、ノンアルコール飲料は、アルコールを摂取することなく、アルコールを摂取したような感覚にさせ、心を落ち着かせる効果があります。ダイエット中の「アルコールを摂取したい!」という気持ちを沈めたり、ストレス緩和に役立てたりすると良いでしょう。

  • ノンアルコールダイエットを実践するにあたって、注意するべき点は、ビタミンとミネラルを摂取する、おつまみは控える、炭水化物摂取を減らすの3点です。

ダイエット中にアルコールを摂取したくなった場合には、ノンアルコール飲料を飲むのがおすすめです。

ノンアルコール飲料は、アルコール飲料よりもカロリーが低いため、ダイエット中でも飲むことができます。

ただし、ノンアルコール飲料の選び方や飲み方を工夫する必要があります。

今回は、ノンアルコールのダイエット効果や飲み方・選び方について、またおすすめのアルコール飲料についてもご紹介していきます。

ダイエット中の禁酒で苦しんでいる方は、ぜひノンアルコール飲料を飲んでみてください。

ノンアルコールにダイエット効果はある?

普段、アルコール飲料を飲む習慣がある方が、アルコール飲料をノンアルコール飲料に置き換えて飲むことでダイエット効果が得られます。

アルコール自体には、1gあたり7.1kcalのカロリーがあります。
そのため、アルコールの濃度が高い飲料ほど、カロリーは高くなってしまうのです。

アルコール飲料をノンアルコール飲料に置き換えることで、カロリー摂取を抑えることができ、ダイエット効果が得られます。

ダイエット中のストレス緩和に効果的

ダイエット中にノンアルコール飲料を飲むことで、息抜きができてストレス緩和に効果があります。

ダイエット中は、厳しい食事制限をしたり、普段はしない運動をしたりすることによってストレスが溜まった状態になっていることも少なくありません。

ストレスが溜まった状態では、イライラしてダイエットに前向きに取り組めなくなったり、空腹に耐えられず暴飲暴食してしまったりということが考えられます。

特に、アルコールを摂取する習慣がある方は、アルコールの摂取を断つことで溜め込むストレスが大きくなってしまうでしょう。

ノンアルコール飲料は、アルコールを摂取することなく、アルコールを摂取したような感覚にさせ、心を落ち着かせる効果があります。

そのため、ダイエット中はアルコール摂取の代わりにノンアルコール飲料を飲むことで、「アルコールを摂取したい!」という気持ちをしずめたり、ストレス緩和に役立てたりするのが良いでしょう。

ノンアルコールダイエットのやり方

ノンアルコールダイエットを実践するにあたって、ノンアルコール飲料の選び方や飲み方についてご紹介していきます。

選び方

ノンアルコール飲料の選び方としては、カロリーゼロや糖質ゼロの表記があるものを選ぶようにしましょう。

糖質ゼロに関しては、糖質ゼロではなく「糖類ゼロ」の表記がされた商品も売られていると思いますが、糖類ゼロよりも糖質ゼロの商品を選ぶようにしましょう

そもそも、糖類とは砂糖や果糖など甘味成分の分類を表す糖質の一部です。

そのため、糖類ゼロと記載されていても、糖類以外の糖質は含まれていることになるため、糖類ゼロよりも糖質ゼロに注目して購入しするようにしましょう。

最近では、カロリーゼロや糖質ゼロであることを強調して売られているのがノンアルコール飲料が多くあるため、ゼロ表記がされているものの中から自分の嗜好に合うものを選びましょう。

飲み方

ノンアルコールダイエットでは、普段飲んでいるアルコール飲料を、ノンアルコール飲料に置き換えて飲みます。

飲む量としては1日1本(350ml)までとし、頻度は1週間に3日以下としましょう。

カロリーゼロや糖質ゼロのノンアルコール飲料を選んだとしても、この目安を守って飲むことをおすすめします。

なぜなら、カロリーゼロ・糖質ゼロと記載されていても、100mlあたり0.5(kcal・g)未満であればゼロ表記となっているため、実質的にはゼロでない飲料は多く存在し、安心して飲むことはできないのです。

よって、ノンアルコールダイエットでも、決してノンアルコール飲料を飲みすぎることのないようにしましょう。

おすすめなノンアルコール飲料

ダイエット中におすすめなノンアルコール飲料を3つご紹介していきます。

パナバック「ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー」

こちらの商品は、ドイツ発祥のノンアルコール飲料で、ビールと同じように醸造してからアルコールだけ除去するという製法で作られています。

そのため、ビールそのもののコクと風味が再現されていて、かなり満足感が高いです。

ビールを飲む習慣がある方は、ぜひともこちらのノンアルコール飲料で置き換えをすることをおすすめします。

アサヒ「スタイルバランスシリーズ 」

こちらの商品はチューハイテイスト飲料で、レモンやグレープフルーツ、梅、ゆず、ハイボールなどの味があります。

特筆すべき点は、脂肪や糖の吸収を抑える働きをする難消化性デキストリンが含まれているということです。

食事と一緒に摂取することで、食べ物に含まれる糖分や脂肪分の吸収が抑えられ、肥満予防への効果が期待できます。

サントリー「オールフリーコラーゲンリッチ」

こちらの商品は、カロリーゼロかつ糖質ゼロでダイエットに最適なノンアルコール飲料です。

また、コラーゲン配合にこだわって製造されており、吸収されやすいように細分化したコラーゲン分子が配合されています。

厳しい食事制限によってホルモンバランスが崩れ、肌荒れを引き起こしやすいダイエット中にはコラーゲン摂取で肌に潤いとハリを与えるのが良いでしょう。

ダイエット中の肌荒れに悩まされている方には、とくにおすすめしたいノンアルコール飲料です。

ノンアルコールダイエットの注意点

ノンアルコールダイエットを実践するにあたって、注意するべき3点についてご説明していきます。

ビタミンとミネラルを摂取する

ビタミンとミネラルを摂取する

ノンアルコール飲料を飲んだ場合には、ビタミンやミネラルをしっかりと摂取するように意識しましょう。

ノンアルコール飲料には、人工甘味料や保存料、酸化防止剤など多くの食品添加物が使用されています。

食品添加物は食品の製造には欠かせないものであり、ある程度の摂取は避けられません。

しかし、身体への異物であるため、除去するために大量のビタミンやミネラルを消費することになります。

ビタミンやミネラルは、食事によって摂取した糖質や脂質の代謝にも必要不可欠な栄養素ですから、食品添加物の除去に使われることでビタミンやミネラルが不足し、糖質や脂質の代謝が滞ってしまう可能性があります。

以上のことから、ノンアルコール飲料を飲んだ場合には、ビタミンやミネラルをしっかりと摂取できるように、野菜や海藻などを多く食べることを意識しましょう。

おつまみは控える

ノンアルコール飲料と一緒に、おつまみを摂取することは極力控えるようにしてください。

おつまみを食べながらアルコール飲料を飲むことで、おいしさが増してどちらも摂取が進んでしまい、カロリー摂取がさらに多くなってしまう可能性があります。

そのため、ノンアルコール飲料を飲む際には、おつまみを用意しない方が良いでしょう。

ただし、どうしても物足りなく感じてしまい、ノンアルコール飲料の摂取量が増えてしまいそうな場合には、おつまみを食べて満足感を得るのも良いでしょう。

その場合には、おつまみの選び方に注意が必要です。

枝豆や冷奴、刺身など低カロリー高タンパク質なおつまみを用意すると、おつまみを食べて太ってしまう心配は少なくなります。

塩気が強いと、ノンアルコール飲料を飲む量が増えてしまいかねないため、味付けは薄めにして摂取するようにしましょう。

炭水化物摂取を減らす

炭水化物摂取を減らす

ノンアルコール飲料を飲む場合には、主食として食べるご飯や麺類などの炭水化物の摂取量を減らすことがおすすめです。

ご飯や麺類などの炭水化物には、カロリーや糖質が多く含まれているため、摂取量を減らすことでノンアルコール飲料を飲んで摂取した分のカロリー・糖質を控えることができます。

ご飯や麺類以外にも、糖質が多い芋類やカロリーが高い揚げ物などの摂取量を減らすのも良いでしょう。

炭水化物の摂取量を減らしてカロリー・糖質の摂取量を調整することで、ノンアルコール飲料を飲んだことで太る心配はなくなります。

最後に

最後に

今回は、ノンアルコールのダイエット効果や選び方・飲み方について、またおすすめのアルコール飲料についてもご紹介してきました。

ダイエット中にどうしてもアルコールを摂取したくなった場合には、ノンアルコール飲料を飲んで、「アルコールを摂取したい!」という気持ちを沈めるのが良いでしょう。

今回ご紹介したノンアルコール飲料の選び方や飲み方を参考に、ぜひノンアルコールダイエットを実践してみてください!

栄養士 小川真実からのコメント

ノンアルコールダイエットでは、ノンアルコール飲料を飲むことで痩せられるというわけではありません。

アルコール摂取の代わりにノンアルコール飲料を飲むことで、アルコールに含まれるカロリーの摂取を抑えられ、ダイエットができるというもので、ノンアルコール飲料そのものにダイエット効果があるわけではないのです。

また、多少なりともカロリーや糖質も含まれているため、飲まずに済むのなら飲まない方が良いでしょう。

アルコール摂取の習慣があり、「ダイエット中の禁酒が辛い」という方には最適なダイエット方法です。

栄養士の資格を保有。食生活や健康に関する記事執筆を中心にフリーランスの栄養士として活動。

この記事に関連する記事