適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

グリーンスムージー比較
  • 黒烏龍茶ダイエットは痩せる?効果と成功した口コミ

黒烏龍茶ダイエットは痩せる?効果と成功した口コミ

/

黒烏龍茶ダイエットは痩せる?効果と成功した口コミ

黒烏龍茶ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    1

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    5

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    5

管理栄養士 武田千明

管理栄養士

武田千明

ざっくり言うと

  • 黒烏龍茶とは、ウーロン茶重合ポリフェノールが多く含まれている黒烏龍茶で、サントリーが独自で開発・発売した「黒烏龍茶OTPP」として特定保健用食品として許可されています。黒烏龍茶OTPPは、脂肪の吸収を抑制する効果のある「ウーロン茶重合ポリフェノール(=Oolong Tea Polymerized Polyphenols; OTPP。サントリーによる造語)」を多く含んでいます。

  • 黒烏龍茶には、血中の中性脂肪の上昇を抑える、体に脂肪がつきにくくなるというダイエット効果があります。

  • 烏龍茶ダイエットは飲むだけでいいので簡単で、食事制限もしません。また、食べ過ぎはNGですが、ダイエット中でも脂っこい食事を楽しむことができますので、食べたいものを我慢せず食べられるという点で、ストレスなく継続することができます。

飲み会や外食などが続くこの時期、「脂っこい食事が多くて中性脂肪が気になる…」なんて方も多いのではないでしょうか。

CMでもお馴染みの黒烏龍茶は、脂肪を分解してくれると聞きますが、その効果はどれほどなのか気になりますよね。

黒烏龍茶と普通の烏龍茶は何が違うのか、どんな飲み方が良いのかなどの素朴な疑問を解説します!また、黒烏龍茶でダイエットに成功したという口コミも併せてご紹介します。

黒烏龍茶とは

黒烏龍茶とは

黒烏龍茶のココがすごい

黒烏龍茶とは、サントリーが独自で開発・発売したもので、「黒烏龍茶OTPP」として特定保健用食品として許可されています。

黒烏龍茶OTPPは、脂肪の吸収を抑制する効果のある「ウーロン茶重合ポリフェノール(=Oolong Tea Polymerized Polyphenols; OTPP。サントリーによる造語)」を多く含んでいます。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、色が濃い成分です。

通常の烏龍茶と比較して、ウーロン茶重合ポリフェノールが多く含まれることにより色が濃いことから、「黒烏龍茶」と命名されています。

つまり、ウーロン茶重合ポリフェノールが多いものが黒烏龍茶であると言えます。

SUNTORY

ウーロン茶重合ポリフェノールは血中中性脂肪の上昇を抑え、体に脂肪をつきにくくしてくれる働きがあります。(詳しい効果については以下の「黒烏龍茶ダイエットの効果」で記載します。)

黒烏龍茶はウーロン茶重合ポリフェノールを強化したものになりますが、烏龍茶の栄養成分についても触れておきます。

烏龍茶の栄養成分

烏龍茶は、茶葉を半発酵させて作られるお茶になります。
烏龍茶自体に含まれる成分は以下の通りになります。

・ミネラル
 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、マンガンなど
・ビタミン
 ビタミンB2、ナイアシン、葉酸、ビオチンなど
・その他
 カフェイン、タンニンなど

烏龍茶の成分の中で血漿(けっしょう)脂質に影響を与える要因となるのがカフェインとタンニンです。

タンニンの75%以上を占めるカテキンはコレステロールなどの吸収を阻害し、これらを便中への排泄を促進させる働きがあります。

一方カフェインは単に「眠くならない成分」「利尿作用がある」と思われがちですが、それだけではありません。

脂肪の代謝に必要なリパーゼという酵素の働きを活性化させます。
つまり、脂肪を燃焼してくれます。

これらの成分が後に記述するようなダイエット効果につながってくるのです。

黒烏龍茶のダイエット効果

黒烏龍茶のダイエット効果

黒烏龍茶を飲むことで得られるダイエット効果についてご説明します。

血中の中性脂肪の上昇を抑える

烏龍茶重合ポリフェノールは、リパーゼの働きを阻害することで脂肪の吸収を抑えます。

脂っこい食事の際、黒烏龍茶を飲むと、血中の中性脂肪の上昇が抑えられ、脂肪の排泄量を多くしてくれることがわかっています。

また、成人女子の血漿(けっしょう)脂質ならびに血中リポプロテインリパーゼ活性に及ぼす鳥龍茶給与の影響を調べた研究では、烏龍茶を飲み続けて6週以降からは動脈硬化指数が改善されたと報告されています。

体に脂肪がつきにくくなる

サントリーのおこなった実験によると、高脂肪食と同時に黒烏龍茶を1日3本、10日間摂取させたグループのの便中脂肪排泄量は、飲まなかったグループに比べて2倍以上増加していることがわかりました。

このため、体に脂肪がつきにくくなります。

サントリーのデータでは、飲み始めてから短期間で腹部の全脂肪面積が減少していきますが、8週目以降さらに減少します。

継続しやすい

ダイエットが失敗する原因として、「続けられない」ことが挙げられます。

過酷な運動や食事制限により、心が折れてしまうとダイエットも続きません。

しかし、黒烏龍茶ダイエットは、飲むだけでいいので簡単です。
普段の飲み物を、黒烏龍茶に変えるのは気が楽です。
さらに、このダイエットは食事制限をしません。

ダイエット中は、脂ものやカロリーを控えるのが一般的ですが、こちらは、ダイエット中でも脂っこい食事を楽しむことができます

食べ過ぎはNGですが、食べたいものを我慢せず食べられるという点で、ストレスなくダイエットができます。

黒烏龍茶ダイエットのやり方

黒烏龍茶ダイエットのやり方

飲むだけ簡単な黒烏龍茶ダイエットですが飲む量やタイミング、どんな食事と食べると効果的なものなのか気になりますよね。

それでは、黒烏龍茶ダイエットのやり方について説明していきます。

飲むタイミング

さまざまな論文で烏龍茶と肥満に関する研究が行われていますが、食事の前後、最中どこで飲んでも、結果にさほど影響は出ていません。

食事と一緒に飲めれば、細かいタイミングは気にしなくても大丈夫です。

飲む量の目安

サントリー黒烏龍茶は特定保健用食品です。
1日あたりの摂取目安量が示されています。

・脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めな方→お食事の際に1回350ml
・体脂肪が気になる方→お食事の際に1日2回(1回350ml)

目安量を参考に食事に取り入れましょう。

手軽で、しかも脂肪の吸収を抑えるということで、たくさん飲みたくなりますが、飲み過ぎは体の不調の原因にもなります。

どんな食事と摂ると効果的なのか

黒烏龍茶は、食事中の脂肪の吸収を抑えてくれます。
したがって、脂っこい食事と摂るとより効果的です。

ダイエット中でも黒烏龍茶を飲むことで、脂ものを我慢せず食べられるということで、ストレスを大幅に軽減できます。

もちろん暴飲暴食は禁物です。

ダイエット中であるという自覚は、しっかり持ちましょう。

これらの方法を踏まえて、黒烏龍茶ダイエットを実践してみましょう!

黒烏龍茶ダイエットの成功した口コミ

黒烏龍茶ダイエットの成功した口コミ

黒烏龍茶ダイエットを始めて成功した方の口コミをご紹介します。

みなさん黒烏龍茶を飲み始めて効果を実感していらっしゃいます。

黒烏龍茶ダイエットだけでなくて、運動や咀嚼回数にも気をつけていらっしゃる方はより効果を実感しているようです。

黒烏龍茶ダイエットの注意点

飲む量の目安でも触れましたが、飲み過ぎると副作用を起こす恐れがあります。

黒烏龍茶にはカフェインが含まれますので、利尿作用があります。

老廃物を流してくれる一方、水分や水溶性の栄養も出て行ってしまいます。

熱中症の恐れがあるときには向いていませんので注意が必要です。

また、カフェインや温度が冷たいことで下痢を起こしやすくなります。

お腹の弱い方は、常温か温かくして、ゆっくり飲むのがおすすめです。

カフェインやカテキンが多く含まれるので、お薬の作用に影響を与える場合があります。
お薬を服用されている方は医師・薬剤師と相談しましょう。

最後に

飲むだけ簡単!しかも脂肪の吸収を抑制してくれるとあって、「きついダイエットはちょっと…」という方にもってこいです。

ダイエットに成功したという声も多く、効果を実感しやすいダイエットになっています。

飲むだけでとても簡単ですので、他のダイエット法と並行しやすいため相乗効果も期待できます。

黒烏龍茶ダイエット、始めてみませんか?

管理栄養士 武田千明からのコメント

食事と一緒に黒烏龍茶を飲むというダイエットになります。通常の烏龍茶と異なり、烏龍茶重合ポリフェノールという成分を強化した黒烏龍茶は、脂肪の吸収を抑制し、体に脂肪をつきにくくしてくれる効果がある特定保健用食品です。

さまざまな研究で烏龍茶重合ポリフェノールが脂肪摂取に与える影響が解明されています。

確かに、脂肪吸収抑制や脂肪の排泄促進の効果はありますが、黒烏龍茶を飲むだけではいけません。ダイエット中であるという自覚を持ち、適度な運動とバランスのとれた食事も意識しましょう。

管理栄養士 武田千明

管理栄養士、栄養教諭の資格を保有。行政業務を経て、現在はフリーの管理栄養士として活動している。ダイエット関連記事の執筆や離乳食のレシピ研究などを行なっている。

この記事に関連する記事