適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

グリーンスムージー比較
  • ランニングマシンダイエットとは?効果とやり方

ランニングマシンダイエットとは?効果とやり方

/

ランニングマシンダイエットとは?効果とやり方

ランニングマシンダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    2

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

default profile picture

編集部

nono

ざっくり言うと

  • ランニングマシンダイエットとは、ランニングマシン(またはルームランナーやトレッドミル)を使ったダイエット方法のことを言います。

  • ランニングマシンのダイエット効果としては、脂肪燃焼によるダイエット効果、全身の筋力増強効果、心肺機能の向上の3つです。

  • 初心者でも、安全に実施可能で、無理なく継続できるのがランニングマシンの良い点です。自分のペースで、無理なく充実感のあるダイエットライフを楽しんで下さい!

ランニングマシンダイエットをご存知ですか?

昨今、様々なダイエット方法が紹介されていますが単純で初心者向けのものや、器具を利用して行うものまで様々です。

ランニングマシンダイエットは、誰もが知るダイエット方法で効果は実証済みです。

自分で速度の調整ができることや、消費カロリーの計算もしやすいなど、さまざまなメリットのある、ランニングマシンダイエットについてご紹介します!

ランニングマシンダイエットとは

ランニングマシンダイエットとは、ランニングマシン(またはルームランナーやトレッドミル)を使ったダイエット方法のことを言います。

ダイエット方法としては、非常に定番の方法と言えるため、あまり敷居が高くなく取り組むことができます。

ランニングマシンダイエットのメリット

ランニングマシンダイエットは、基本的に自宅やスポーツジムといった屋内で行うため、天候の影響を受けずに取り組めることが魅力の1つです。

屋外の道はコンクリートで、下半身の筋力が弱い方や、走るフォームに問題がある方ですと膝などの関節を痛めてしまう危険性があります。

信号などがありペースを一定に保ちながら走り続けるのは困難な場合が多いです。

一方で、ランニングマシンですと、比較的クッション性のあるところで走るため初心者向きと言えます。

また、ランニング初心者の方だと、自分のベストなランニングスピードというものを把握できていないことが多いです。

ですが、ランニングマシンでは、そういった問題はすぐに解決できます。

自分が比較的楽に走れるペースに設定をすることができ、無理なく安全にランニングをすることができます。

ランニングマシンのダイエット効果

ランニングマシンのダイエット効果

では、ランニングマシンダイエットにはどんなダイエット効果があるのでしょうか?
大きく分けると、3つあります。

まずは、脂肪燃焼によるダイエット効果、そして、2つ目は全身の筋力増強効果、そして最後の3つ目は心肺機能の向上です。

脂肪燃焼によるダイエット効果

一般的に、「有酸素運動(息が上がらない程度の負荷量での運動)を20分〜30分程度行うと、運動に利用するエネルギーとして脂肪を利用し始める」と言われています。

脂肪をエネルギーとして利用することによって、体脂肪率が徐々に下がっていきダイエットができますが、息が上がらない程度の運動というのがキーポイントです。

「息が上がらない程度」といってもあまり軽すぎてもいけません。
息が上がりそうになる、ギリギリの負荷量を設定することで効果が現れます。

負荷量の設定が、ランニングでのダイエット効果を出すポイントです。

有酸素運動ダイエットの効果と注意点

全身の筋力増強効果

ランニングはウォーキングよりも、高い負荷で全身の筋肉を利用します。
下半身は力強く地面を蹴る、走った衝撃を吸収することで筋肉が使われます。

推進力を生むために腕を振って走るため、上半身の筋力も意外と使っています。

そして、手足の力を効率よく使えるようにするために、体幹(お腹や背中といった胴体部分)の筋肉は常時働いています。

負荷量としてはウェイトを用いたトレーニングと比較すると高くはありませんが、全身の筋肉を満遍なく刺激することができるのがランニングです。

普段あまり運動習慣のない方は、ランニングマシンダイエットを始めて間もない時期は全身が筋肉痛になるかもしれません。

しっかり全身の筋肉が使えていた、ということになるので安心してください。

全身の筋肉量を増加させることは、ダイエットには大きくプラスに働きます。

基礎代謝が上がるため、痩せやすい体質になっていきます。

痩せやすい体質にしていくことは、リバウンドの防止にもなるため、ダイエットにはとても重要と言えます。

心肺機能の向上

マラソン選手は、比較的早いスピードで長い時間走り続けることができます。
そういったことが可能なのは単純に筋力や筋持久力があるだけではありません。

心肺機能が高く、口から吸った酸素を素早く身体中に運搬する能力に長けているため、長い時間走り続けることが可能なのです。

心肺機能が高いということは、「少ない心臓の仕事量で体に酸素を運搬することができる」ということなので、様々な疾患のリスクを減らすことに貢献してくれます。

ランニングマシンで一定レベル以上に心肺機能を高めるには、ダイエットを目的としてトレーニング方法と負荷量が異なりますが、普段運動習慣がない方にとっては、ダイエットレベルの負荷量でも十分な場合があります。

心肺機能を高めるためのトレーニング方法に関しては、負荷量の設定の仕方がとても重要なポイントとなります。

逆に間違ったやり方では、体に不必要な負荷を与えてしまう可能性があるため、必ず専門家の指導の元で行うようにしましょう。

ランニングマシンダイエットのやり方

ダイエットに効果的な時間は?

ランニングマシンダイエットをするための必要最低限の時間は、20〜30分です。

その理由は、運動のエネルギーとして脂肪が利用され始める時間が20〜30分と言われているからです。

有酸素運動程度の負荷と言っても、いきなり20〜30分間走るのは人によっては大変ですので、普段運動習慣がない方はまずは走りなれることから始めましょう。

また、長い時間走る場合には水分を取りながら走ることを強く心がけましょう。

ダイエットに効果的な速度は?

ダイエットに効果的な速度というものはありません。

大切なのは息が上がらないギリギリの程度の負荷量(速度)である、という点です。

人によって快適な歩行速度が異なるのと一緒で、無理なく走り続けられる速度が異なります。

自分自身で実際に走ってみて、長い時間走り続けられる速度、息が上がらないギリギリの速度を探してみましょう!

理想的な運動頻度は?

運動をしていると気になるのが「どのくらいの頻度が理想的なのか」という点です。

普段運動をしていない方であれば、いきなり毎日行うと疲労が蓄積していってしまい、モチベーションの維持が難しいかもしれません。

運動のし始めは筋肉痛になる可能性を考慮すると、理想的な頻度は週に3回程度が良いでしょう。

週3回程度ですと、だいたい1日おきとなりますが、あまり回数にこだわり過ぎず自分で継続可能な頻度を設定すると良いでしょう!

ランニングマシンダイエットの口コミ

みなさん、それぞれのペースでランニングマシンダイエットを楽しんでいるようですね!自分のペースで少しずつダイエットをすることが大切です!

ランニングマシンダイエットの注意点

運動前はウォーミングアップ、運動後はクールダウンをする

日々の仕事で凝り固まってしまった体の状態でランニングを始めるのは、怪我の恐れがあります。

必ずランニング前には、脚や背骨のストレッチをするようにしましょう。

また、運動後もクールダウンも大切です。ランニングは全身の筋肉を使うため、走った後も筋肉が硬くなってしまっています。

そのまま放置して寝てしまうと次の日の筋肉痛が辛いものになってしまいます。

運動後も欠かさずクールダウンのストレッチなどをするように習慣付けましょう!

関節に痛みがある場合には、無理をしない

運動を続けていると、「筋肉痛」は必ず出会うものです。
筋肉痛は文字通り筋肉から痛みが発せられます。

筋肉痛であれば数日もすれば自然と回復していくのですが、痛みの部位が「関節」にある時には要注意です!

関節が痛むということは関節に負担がかかり過ぎているということで、この状態はあまり良いとは言えません。その場合はすぐにランニングを一旦中止しましょう。

関節に負担がかかっている場合は、フォームに問題があったり、オーバーワークで筋疲労を起こし、うまく筋肉が機能しなくなっていることが考えられます。

そのため、ランニングフォーム、ランニングの負荷量や時間などを見直しましょう。

最後に

今回は、天候に左右されないランニングマシンダイエットの効果とやり方についてご紹介しました。

ランニングダイエット初心者でも、安全に実施可能なランニングマシンダイエット。

ダイエットは「継続」がポイントですが、それが無理なくできるのがランニングマシンの良い点です。

自分のペースで、無理なく継続できるランニングマシンダイエットで、充実感のあるダイエットライフを楽しんで下さいね!

nono 編集部

nono 編集部です。 効果的なダイエット方法をご紹介していきます。

この記事に関連する記事