適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

グリーンスムージー比較
  • ミスドでダイエットができる?食べ方と注意点

ミスドでダイエットができる?食べ方と注意点

/

ミスドでダイエットができる?食べ方と注意点

ミスドダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

栄養士

小川真実

ざっくり言うと

  • ミスドといえば、ドーナツですが、糖質や脂質の含有量が多く、高カロリーなイメージです。しかし、ドーナツや麺類の中でも、比較的カロリーが低いものをセレクトし、食べ方を工夫することで、ダイエット中でも食べる事ができます。

  • ダイエット中のミスドの食べ方の工夫は、午後の3時ごろに食べる、夜ご飯で調整するの2つです。

  • ドーナツを、2個も3個も食べてしまうと確実に太ってしまうため、禁止です。必ず1個までとして、満たされない場合は、野菜たっぷりのミネストローネをプラスしたり、糖質がほとんど含まれていない飲み物を飲んだりしましょう。

ミスドには、多種類のドーナツをはじめ、汁そばなどの飲茶、スープにパスタなどメニューが豊富ですが、ダイエット中にも食べられるメニューがあるのでしょうか。

ミスドといえばドーナツですが、小麦粉がたっぷりと使用されていて、しかも油で揚げてあるため、カロリーや糖質が気になるところです。

今回は、ミスドのダイエットにおすすめなメニューや太りにくい食べ方について詳しくご紹介していきます。

「ダイエット中にもミスドに行きたい!」という方は必見です。

ミスドはダイエットに適している?

ミスドといえば、種類が豊富なドーナツですが、砂糖や小麦粉がたっぷりと使われており、しかも油で揚げているため、糖質や脂質の含有量が多く、高カロリーで決してダイエット向きとは言えません

また、パスタや冷麺などの麺類も豊富ですが、こちらも糖質や脂質が多く含まれているものが多く、ダイエット中には食べるべきではないでしょう。

ただし、ミスドのドーナツや麺類の中でも、比較的カロリーが低いものをセレクトし、食べ方を工夫することで太る心配を軽減することができます。

ダイエット中のミスドの食べ方

ダイエット中のミスドの食べ方

ダイエット中にミスドで食事をする場合には、ちょっとした工夫をすることで太る心配を軽減して食べることが可能です。

太る心配を軽減することができる工夫について、2つご紹介していきます。

午後の3時ごろに食べる

午後の3時ごろに食べる

ダイエット中にミスドのドーナツや麺類を食べる場合には、午後の3時ごろに食べるのが良いでしょう。

なぜなら、午後の3時頃は脂肪蓄積を促すビーマルワンと呼ばれるタンパク質の分泌が最も少ない時間帯であるからです。

よって、ダイエット中に、どうしてもミスドのドーナツや麺類を食べたくなった場合には、午後の3時頃まで我慢して食べることをおすすめします。

夜ご飯で調整する

夜ご飯で調整する

ミスドでドーナツや麺類を食べた日の夜ご飯は、食べる量を減らしてカロリー・糖質をカットしましょう。

夜ご飯で調整さえすれば、太ってしまう心配は少なくなります。
調整の仕方は、ご飯や芋類などの炭水化物の摂取量を控えましょう

ご飯やいも類には、タンパク質食品や野菜、きのこや海藻に比べて、カロリーや糖質がかなり多く含まれます。

そのため、ご飯やいも類などの摂取量を控えることで大幅なカロリー・糖質カットができ、ドーナツや麺類を食べたことによって摂取したカロリー・糖質を効率よく抑えることができるのです。

ミスドのダイエットにおすすめなメニュー

ミスドのダイエットにおすすめなメニュー

数多くあるミスドのメニューの中でも、低カロリーでダイエットにおすすめなメニューをご紹介していきます。

【ドーナツ】フレンチクルーラー170kcal

ミスドの中でもフレンチクルーラーがお好きだという方も多いのではないでしょうか?

実は、フレンチクルーラーは、多種類のミスドドーナツの中でもかなり低カロリーな方です。

ただし、チョコがかかっている、エンゼルフレンチやストロベリーカスタードフレンチ、ゴールデンフレンチを選ぶと200kcalオーバーとなってしまうため、プレーンのフレンチクルーラーを選ぶことをおすすめします。

【ドーナツ】ポン・デ・黒糖215kcal

ミスドでは王道のポン・デ・リングは、ポン・デ・黒糖を選ぶのがおすすめです。

ポン・デ・黒糖は、アイシングがかかっているポン・デ・リングやチョコがかかっているポン・デ・ストロベリーに比べてカロリーが低いです。

そのため、ダイエット中にどうしてもポン・デ・リングが食べたい場合には、ポン・デ・黒糖選ぶのが良いでしょう。

【ドーナツ】紅茶のマンナンスティック(プレーン)136kcal

ドーナツの中でも、最も低カロリーなのが紅茶のマンナンスティック(プレーン)です。

もっちり食感のグルコマンナン入り生地であるため、カロリーが低くても、しっかりと満腹感を得ることができます。

また、アールグレイ紅茶葉が練りこまれているため、紅茶の風味が存分に味わえるドーナツです。

【ドーナツ】ドーナツポップ(ストロベリーボール)34kcal

ドーナツポップは、1個ずつ注文が可能であるため、3〜4個までにしておけば、ポン・デ・リングなどのドーナツ1個を食べるよりもかなりカロリー摂取を抑えることができます。

ドーナツポップには、エンゼルクリームやストロベリーボール、オールドファッション、ココナツチョコレートなどさまざまな種類がありますが、ストロベリーボールが最も低カロリーでおすすめです。

よって、ドーナツをちょこっと食べたい場合には、ドーナツポップで個数を調整して食べるのが良いでしょう。

【ミスドゴハン】セイボリーサンド・ドーナツ(ハムタマゴ)256kcal

甘くない食事系ドーナツ中では、セイボリーサンド・ドーナツ(ハムタマゴ)がおすすめです。

イースト生地のドーナツにハムとたまごサラダがサンドしてあり、タンパク質をしっかりと摂取できるドーナツです。

ホットトーストや、ホットドック、ホットパイなどのミスドゴハンの中では最も低カロリーで、ダイエット向きです。

【飲茶】汁そば231kcal

飲茶の中で最もカロリーが低いのは汁そばです。

塩とチキンをベースにしたスープで、すっきりとした後味が特徴的な汁そばは、麺類が食べたいけど、カロリー摂取を抑えたいという場合にはもってこいのメニューです。

細麺であるため、スープがよく絡み合って非常に美味しく食べられます。

【パスタ】蒸し鶏とアスパラのレモンクリーム452kcal

ミスドのパスタには、ナポリタンやカルボナーラ、ジェノベーゼ、レモンクリームパスタの4種類がありますが、最もダイエット向きなのがレモンクリームパスタです。

レモンクリームパスタは、4種類のパスタの中で最もカロリーが低く、またタンパク質やビタミン類を補うことができるパスタであるため、パスタ選びで迷ったらレモンクリームパスタを注文するのが良いでしょう。

レモンの風味でさっぱりと美味しく食べられるパスタとなっています。

【スープ】野菜を食べるミネストローネ70kcal

【スープ】野菜を食べるミネストローネ70kcal

ミスドのスープには、クリームチャウダーとミネストローネがありますが、クリームチャウダーよりもミネストローネの方が圧倒的にカロリーが低いです。

しかも、野菜たっぷりでビタミンやミネラル、食物繊維が補えるため、糖質や脂質が多いドーナツやパスタにプラスして注文するとダイエット向きな食事となります。

ドーナッツやパスタのみでは物足りなさを感じる場合には、ぜひミネストローネをプラスしてみてください。

【夏限定】コットンスノーキャンディー(ストロベリー)162kcal

夏限定のコットンスノーキャンディーは、ボリュームのある見た目にしてはカロリーが低いです。

とくに、フルーツフレーバーの1つであるストロベリーは最も低カロリーであるため、暑い夏には、コットンスノーキャンディーのストロベリーを注文してさっぱりとした味わいを楽しむのが良いでしょう。

【ドリンク】カフェインレスコーヒー4kcal

【ドリンク】カフェインレスコーヒー4kcal

ドリンクをつけるなら、カフェインレスコーヒーがおすすめです。

カフェインレスコーヒーは、ドリンクの中でも最もカロリーが低いため、ドーナッツにプラスして飲んでも太る心配が少ないです。

しかも、通常のコーヒーよりもカフェイン量が少ないためカフェインが苦手な方でも安心して飲むことができます

ミスドダイエットの注意点

ミスドダイエットの注意点

ダイエット中にミスドで食事をする場合には、絶対に食べ過ぎてはいけません。

とくに、ドーナツは糖質や脂質が多く含まれており、2個も3個も食べてしまっては確実に太ってしまいます。

そのため、必ず1個までとして、物足りなさを感じる場合には野菜たっぷりのミネストローネをプラスしたり、水やお茶、コーヒーなどの糖質がほとんど含まれていない飲み物を飲んだりしてお腹を満たすようにしましょう。

最後に

最後に

今回は、ミスドのダイエットにおすすめなメニューや太りにくい食べ方について詳しくご紹介してきました。

ダイエット中には敬遠されがちなミスドのドーナツや麺類ですが、その中でも低カロリーなメニューを選んだり、食べる時間は工夫することで太る心配を軽減することが可能です。

今回ご紹介した内容を参考に、ダイエット中にも美味しくミスドのドーナツや麺類を食べてくださいね!

栄養士 小川真実からのコメント

ドーナツや麺類などのミスドのメニューは、カロリーや糖質が高いものが多く、ダイエット向きとは言えません。

そのため、極力カロリーが低いものを選ぶようにし、食べ過ぎには注意する必要があります。

「○kg減量に成功したら食べる!」「○日間の食事制限に耐えたら食べる!」など目標を決めて、その目標を達成したごほうびとして食べると良いかもしれませんね。

ごほうびがあれば、モチベーションがアップし、ダイエットが成功しやすくなるでしょう。

栄養士の資格を保有。食生活や健康に関する記事執筆を中心にフリーランスの栄養士として活動。

この記事に関連する記事