適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • 和田式ダイエットとは?やり方と注意点と口コミ

和田式ダイエットとは?やり方と注意点と口コミ

/

和田式ダイエットとは?やり方と注意点と口コミ

和田式ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    1

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    1

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

default profile picture

管理栄養士

石田智子

ざっくり言うと

  • 和田式ダイエットとは、決められた9品目を毎食の食事に取り入れるというダイエット方法です。

  • 決められた9品目とは、肉、魚、貝、海藻、豆類、卵類、乳製品、野菜、油脂です。これらを、お腹いっぱいになるまで食べて良いため、空腹を我慢する必要がありません。体に必要なビタミン・ミネラルが揃い、栄養バランスのとれた食事ができます。

  • 和田式ダイエットの効果は人それぞれですが、炭水化物を抜くことで体が軽くなったり、疲れにくくなったという声が多くみられました。普段、間食が多い方や、炭水化物を多く食べる方は、体重減少の変化が表れやすいダイエット方法です。

和田式ダイエットというダイエット方法を聞いたことがありますか?

9品目を組み合わせた献立を毎食取り入れるだけで、空腹と戦わずに効果を得られると話題になっています。

早速、和田式ダイエットの効果的なやり方や口コミをみていきましょう。

和田式ダイエットとは

和田式ダイエットとは

和田式ダイエットとは、決められた9品目を毎食の食事に取り入れるというダイエット方法です。

9品目の食材であれば、お腹いっぱいになるまで食べて良いため、空腹を我慢する必要がありません。

決められた9品目とは、肉、魚、貝、海藻、豆類、卵類、乳製品、野菜、油脂、です。

これらを毎食取り入れることによって、体に必要なビタミン・ミネラルが揃い、栄養バランスのとれた食事ができます。

栄養バランスが乱れていると、お腹がすいていないのに空腹を感じたり、余計な糖質を欲するという考えが和田式法です。

栄養バランスのとれた食事を毎食取り入れることで、間食を防ぎ満足度の高い食生活を送ることができます。

和田式ダイエットの効果

和田式ダイエットの効果

和田式ダイエットの効果は人それぞれですが、炭水化物を抜くことで体が軽くなったり、疲れにくくなったという声が多くみられました。

普段、間食が多い方や炭水化物を多く食べる方は、体重減少の変化が表れやすいダイエット方法です。

和田式ダイエットのやり方

和田式ダイエットのやり方

和田式ダイエットは9品目を1食の食事に組み込むという方法でダイエットを行います。

9品目を1度の食事にとるのは大変そう、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と簡単にそろえることができます。

例えば、ハンバーグはお肉だけでなく、卵や玉ねぎが一緒に含まれているので、肉、卵類、野菜の3品目が含まれることになります。

メインのメニューを先に考え、副菜で足りない品目を補うメニューを考えると簡単に9品目をそろえることができます。

9品目を取り入れたメニューを毎食食べる和田式ダイエット方では、でんぷんや糖質、炭水化物を基本的にはとりません。

また、お菓子屋お酒などの嗜好品も、和田式ダイエット中はおすすめできません。

和田式ダイエットの献立レシピ

和田式ダイエットの献立レシピ

9品目を使った和田式ダイエットのレシピは、どんなものがあるのでしょうか?

まず、9品目としてとらなくてはいけない食材は、肉、魚、貝、海藻、豆類、卵、乳製品、野菜、油脂です。

それらを使った1日のメニューの一例を早速みていきましょう。

まずは、朝ごはんの食事例をご紹介します。

・わかめとしじみのお味噌汁(海藻、貝)
・枝豆としらすの卵焼き(魚、豆類、卵、油脂)
・豚しゃぶサラダ(肉、野菜)
・牛乳(乳製品)

わかめとしじみのお味噌汁

わかめとしじみのお味噌汁

材料 2-3人分
・しじみ 150g
・水 400ml
・和風顆粒だし 小さじ2
・酒 大さじ2
・味噌 大さじ2
・乾燥わかめ 小さじ1
・刻みネギ 適量


♥わかめとしじみのお味噌汁♥

作り方
1.1リットルの水と3gの塩をいれたボウルにしじみを入れ、3-6時間放置して砂抜きをします。
2.しじみを良く洗い、水・酒・和風顆粒だし・乾燥わかめを入れて弱火で火にかけます。
3.しじみが開いたら、火を止めて味噌を入れながら味を整え、ねぎを加えれば完成です。

枝豆としらすの卵焼き

枝豆としらすの卵焼き

材料 2-3人分
・卵 3個
・しらす干し 15g
・チーズ 15g
・枝豆 大さじ3
・塩 ふたつまみ
・牛乳 大さじ3
・サラダ油 大さじ1/2


枝豆としらすの卵焼き

作り方
1.ボウルに卵を割り、サラダ油以外の材料をすべて加え混ぜ合わせます。
2.卵焼き器を熱し油をひいたら、1の卵液1/3を流し均一に広げ軽く混ぜます。
3.半熟の状態で手前に寄せて1/3の卵液を加え4.5回同じ作業を繰り返したら出来上がりです。

ベビーリーフとレタスの豚しゃぶサラダ

ベビーリーフとレタスの豚しゃぶサラダ

材料 2人分
・豚肉 200g
・レタス 1/4個
・ベビーリーフ 適量
・青じそ 2枚
・ネギ 約10cm
・プチトマト 適量
・いりごま 適量
・昆布ポン酢 適量


ベビーリーフとレタスの豚しゃぶサラダ

作り方
1.鍋にお湯をわかし、豚肉をしゃぶしゃぶします。
2.青じそとネギを千切りし、それぞれ水にさらして水気をとります。
3.一口大にちぎったレタスとベビーリーフを混ぜて盛り付け、プチトマト、ネギ、豚肉、青じそ、いりごまをかければ出来上がりです。

次に、昼ごはんの食事例をご紹介します。

・サーモンさらだ(魚、野菜、海藻)
・ガパオライス(肉、豆類、卵、油脂)
・クラムチャウダー(乳製品、貝)

スモークサーモンサラダ

スモークサーモンサラダ

材料
・スモークサーモン 150g
・サニーレタス 2-3枚
・たまねぎ 半分
・わかめ 100g
・しょうゆ 大さじ1
・ゴマ油 大さじ半分
・酢 大さじ半分
・こしょう 少々


困ったときのスモークサーモンサラダ

作り方
1.たまぎぎを薄くスライスし、サニーレタスとわかめを一口大の大きさに切ります。
2.しょうゆ、ごま油、酢、こしょうをまぜ、ドレッシングをつくります。
3.お皿にサニーレタス、わかめ、たまねぎ、スモークサーモンをのせ、ドレッシングをかけたら出来上がりです。

ガパオライス

ガパオライス

材料
・鶏ミンチ 200g
・玉ねぎ 1/2個
・パプリカ 1/2個
・枝豆 150g
・にんにくチューブ 5cm
・しょうがチューブ 5cm
・ゴマ油 適量
・卵 人数分
・オイスターソース 大さじ1
・ポン酢 大さじ1と1/2
・砂糖 小さじ1


子どもも大好き❁ガパオライス

作り方
1.玉ねぎとパプリカを1口サイズに切ったら、フライパンにごま油をひきにんにくチューブとしょうがチューブを入れ、玉ねぎを炒めます。
2.玉ねぎの色が変わったら、パプリカと枝豆を入れ炒め、すべての材料を加えてよく炒めます。
3.最後に目玉焼きをやいてお皿に盛り付ければ完成です。

クラムチャウダー

クラムチャウダー

材料(2人分)
・ベーコンスライス 長いもの2枚
・玉ねぎ 1/2個
・じゃがいも 1個
・にんにく 1片
・冷凍アサリ お玉1杯
・お好きなキノコ 適量
・牛乳 700cc
・オリーブオイル 大さじ1
・塩コショウ 適量
・粉チーズ お好み
・コンソメ 大さじ1


簡単!牛乳だけでクラムチャウダー風スープ

作り方
1.ベーコンを1cm幅に切り、玉ねぎは薄切り、じゃがいもが食べやすい大きさに切ります。
2.鍋にオリーブオイル、にんにくを炒め、香りがでてきたらベーコンと玉ねぎをいためてじゃがいもとキノコをいれます。
3.じゃがいもに火が通ったら牛乳とアサリを加えて火にかけ、コンソメ、粉チーズ、塩コショウであじを整えれば完成です。

最後に、夜ごはんの食事例をご紹介します。

・ハンバーグ(肉、野菜、卵)
・あさりとわかめの味噌汁(貝、海藻)
・マグロとアボカドのサラダ(魚、乳製品)
・ガーリック炒め枝豆(油脂、豆類)

ハンバーグ

ハンバーグ

材料
・ひき肉 300g
・ゆで人参 1/2本
・玉ねぎ 1個
・卵 1個
・塩 小さじ1
・ウスターソース 大さじ1
・ケチャップ 大さじ1


簡単 野菜の旨味たっぷり ハンバーグ

作り方
1.人参と玉ねぎをみじん切りにし、ひき肉、卵、塩、とよく混ぜます
2.フライパンを熱し、ハンバーグの形に整えた1を焼きます。
3.焼いたときにでた肉汁とウスターソース、ケチャップでソースを作り、ハンバーグにかけたら完成です。

あさりとわかめの味噌汁

あさりとわかめの味噌汁

材料 2人分
・アサリ 200g
・わかめ 適量
・水 2カップ
・ほんだし 小さじ1/3×2
・みそ 適量


アサリの味噌汁

作り方
1.アサリの殻と殻をこすり汚れをとったらざるにあげ、わかめは水で洗って3cmにカットします。
2.鍋にあさりと水、ほんだしを入れて火にかけ、煮立ったらわかめをいれます。
3.アサリが口を開いたら味噌を溶き入れて煮立たせて出来上がりです。

マグロとアボカドのサラダ

マグロとアボカドのサラダ

材料
・マグロ 150g
・アボカド 1個
・たまねぎ 半分
・マヨネーズ 大さじ2
・クリームチーズ 大さじ1-2
・わさび 小さじ1


マグロとアボカドのクリーミーサラダ

作り方
1.玉ねぎはみじん切りにし、冷静につけ、アボカドとマグロは2cmの角切りにしておきます。
2.ボウルにクリームチーズとマヨネーズとわさびをいれ、練り合わせます。
3.アボカド、マグロ、玉ねぎを2のボウルに追加し、混ぜ合わせたら出来上がりです。

ガーリック炒め枝豆

ガーリック炒め枝豆

材料
・冷凍枝豆 1袋
・オリーブオイル 適量
・マジックソルトガーリック 適量


やみつきガーリック炒め枝豆

作り方
1.冷凍枝豆をフライパンで乾煎りします。
2.焦げ目がついてきたら、オリーブオイルとマジックソルトを入れ、混ぜ合わせます。
3.お皿に盛ったら出来上がりです。

枝豆ダイエットの効果は?やり方や方法をご紹介

炭水化物を摂らなくても平気なの?

炭水化物を摂らなくても平気なの?

まず、炭水化物とはどういうものか見ていきましょう。
炭水化物は、大きく分けて糖質と食物繊維に分けることができます。

炭水化物は、ブドウ糖や果糖から構成されており、体の中で1gあたり4kcalのエネルギーに変わります。

私たちがエネルギーとして使える栄養素は、炭水化物以外にも、脂質とたんぱく質がありますが、すぐにエネルギーに変えられるのはブドウ糖から構成された炭水化物のみです。

炭水化物が不足すると、血中のブドウ糖がなくなりエネルギーが足りなくなります。

体はエネルギーを作り出そうと、筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンを使ってエネルギーを作り出そうとしますが、グリコーゲンも底を尽きると、エネルギーが不足し、疲れやすくなります。

特に脳は、ブドウ糖からしかエネルギーを確保できないため、炭水化物が不足しブドウ糖が少なくなると、判断力が鈍ったり、注意力が散漫になります。

全く炭水化物を摂らないのはおすすめできませんが、少し減らす意識をすることは、ダイエットにおいて必要と言えます。

和田式ダイエットの注意点

和田式ダイエットの注意点

和田式ダイエットでは、注意をしていただきたい点が2つあります。

1つ目は、でんぷんや糖質、炭水化物は基本的には摂らないことです。

和田式ダイエットでは、ごはんやパンなどの炭水化物はとらず、9品目のみを食べます。

調味料としての糖質や、てんぷらの衣などは食べても大丈夫ですが、メインで炭水化物を摂ることは避けましょう。

2つ目は、食事の間を6時間以上あけることです。

睡眠時間は計算に入らないので、人によっては1日2食になる場合もあります。
小腹がすいても、間食は、和田式ダイエット中は控えましょう。

最後に

最後に

和田式ダイエットのやり方や献立を詳しくご紹介させていただきました。

9品目をバランスよく摂れるようレシピを考えると、量も多くなりごはんやパンなどを食べなくても満足度が高いと考えられています。

食事量を減らすのではなく、バランスを考えて食べる和田式ダイエットで健康的にダイエットを楽しみましょう。

管理栄養士 石田智子からのコメント

和田式ダイエットでは、9品目に含まれない炭水化物ですが、通常どれくらいの摂取が必要なのでしょうか?                                                                                                

1日に必要な炭水化物の量は、1日に摂取するエネルギー量の約60%です。例えば1日当たり2000kcal必要な方の場合、炭水化物は250g~325g必要となります。炭水化物は主に、ごはん、パン、麺などの主食から多く摂取することができます。

炭水化物は、血液中にブドウ糖として存在し、体だけでなく脳のエネルギーにもなります。

体を動かすため、脳を働かせるための、私たちの大切なエネルギー源が炭水化物です。

しかし、現代の人は炭水化物を多くとりすぎる傾向があります。

多くとりすぎると、体の中で脂質に変換され蓄えられるので、太りやすくなります。それだけではなく、社会問題でもある生活習慣病を招く原因になっているのです。

埼玉県出身の管理栄養士。大学を卒業後、健康食品の企業に入社。栄養指導や食生活のアドバイス、サプリメントの提案を行う。現在は管理栄養士としてコラム作成の業務も行なっている。

この記事に関連する記事