適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • りんご体型になってしまう理由とダイエット方法は?やり方と注意点

りんご体型になってしまう理由とダイエット方法は?やり方と注意点

/

りんご体型になってしまう理由とダイエット方法は?やり方と注意点

りんご体型におすすめなダイエット方法の評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

管理栄養士 島田芽衣

管理栄養士

島田芽衣

ざっくり言うと

  • 皆さんの体型には、りんご体型、洋ナシ体型とあり、りんご体型の特徴は、お腹周りに脂肪が付きやすく、内臓脂肪なども多いことが特徴の1つです。

  • りんご体型になる理由としては、菓子パンやご飯、パスタなど炭水化物が多い食事をしている方や、肥満関連遺伝子を持っているかどうか、というのが関係しています。

  • りんご体型の方におすすめのダイエット方法は、食事ですと低糖質の食事、運動ですと筋力トレーニングがおすすめです。

皆さんの体型は、りんご体型、洋ナシ体型どちらにあてはまりますか?

りんご体型は、男性の方に多く、洋ナシ体型は女性の方に多いとされておりますが、女性の方でも遺伝子の関係や食習慣などによってりんご体型になったりもします。

今回は、りんご体型の方におすすめのお腹の脂肪を減らす食事や運動、おすすめの漢方などをご紹介させて頂きます。

りんご体型の特徴とは

では、りんご体型の特徴について詳しく見ていきましょう。

りんご体型の特徴は、お腹周りに脂肪が多いということです。

お腹周りに脂肪が付きやすく、また内臓脂肪なども多いことが特徴の1つでもあります。

いつも太るとお腹周りに脂肪が付きやすい、またはお腹周りの脂肪がとれにくい方は、もしかしたらりんご体型かもしれません。

りんご体型になる理由

では、りんご体型になる理由ついてご説明させて頂きます。

なぜ、お腹周りに脂肪が付きやすく、りんご体型になってしまうのでしょうか?

それは、生活習慣や遺伝子などが関係していきます。

生活習慣

生活習慣では、菓子パンやご飯、パスタなど炭水化物が多い食事をしている、または好んで食べすぎている方が多くみられます。

食事などで糖質を摂ると、体の中で分解されて肝臓や筋肉に糖は運ばれて貯蔵されるのですが、入りきらずに余った糖は脂肪へと変わってしまいます。

りんご体型の方は、代謝が上手くなく、筋肉ではなく脂肪へと変わりやすいため、脂肪がお腹周りに付いてしまうのです。

遺伝子

また、肥満関連遺伝子を持っているかどうかというのも、りんご体型になりやすいかどうかに関係しています。

肥満遺伝子を持っていると、内臓まわりに脂肪が付きやすい体質になり、りんご体型になりやすいともいえます。

例えばですが、β3アドレナリン受容体遺伝子という肥満関連遺伝子があり、その遺伝子に変異があると、他の肥満遺伝子よりも肥満の影響を受けやすく、内臓まわりにも脂肪が溜め込みやすい体質になってしまいます。

そのため、β3アドレナリン受容体遺伝子の変異をもっている人は、りんご体型になりやすい、ともいえるのです。

β3アドレナリン受容体遺伝子の変異を持っている方は、持っていない方に比べ基礎代謝も200kcal程も低く、持っていない方に比べて太りやすくなってしまうのです。

りんご体型におすすめなダイエット方法

りんご体型におすすめなダイエット方法

りんご体型におすすめのダイエット方法について詳しく見ていきましょう。

先ほど、遺伝子や生活習慣が関係しているとご説明させて頂きましたが、今りんご体型の方や肥満関連遺伝子を持っていたとしても、食事や運動で改善することは可能です。

食事

まずは、りんご体型におすすめな食事についてご紹介させて頂きます。

りんご体型におすすめの食事は、低糖質の食事を心がけることです。

糖代謝が上手くないりんご体型の方は、摂取した糖を上手く代謝できないため、余った糖は脂肪へと変わりやすくなり、お腹周りに脂肪がどんどんついてしまうのです。

そのため、低糖質の食事をすることで、余った糖を脂肪へ変えるのを防ぐことができます。

コンビニ買える!低糖質な商品&おやつ

運動

続いて運動についてです。
りんご体型の方におすすめの運動としては、筋肉トレーニングです。

筋力トレーニングは、無酸素運動の分類に入り、主に糖質がエネルギーとして使われます。

糖代謝が苦手なりんご体型の方には、まず糖質をエネルギーに変える働きをさせる必要があり、筋力トレーニングをすることで、糖質をエネルギーに変える働きを促します。

続けていくことで、糖質をエネルギーに変える糖代謝のはたらきを高めることができます。

女性向け!基礎代謝上げるための筋トレ方法

りんご体型におすすめな漢方やサプリ

続いては、りんご体型の方におすすめの漢方やサプリメントをご紹介させて頂きます。

マオウ・ダイオウ

りんご体型の方で、体力がある方にはマオウ・ダイオウが含まれている代謝を活性化する漢方薬がおすすめです。

ブクリョウ・タクシャ・ビャクジュツ

りんご体型の方で体力があまりない方には、水分代謝を高めてくれるブクリョウ・タクシャ・ビャクジュツが含まれている漢方薬がおすすめです。

りんご体型の方は水分も貯めやすく、余分な水分を排出する力が弱っていることが多いため、水分代謝を高めてくれる漢方を飲むと良いでしょう。

防風通聖散

続いて、防風通聖散という漢方薬です。

こちらは、肥満症の治療薬としても出されているお薬で、お腹にまわりに脂肪があり、便秘がちな方におすすめの漢方薬となっております。

成分としては、先ほどご説明致しました、ビャクジュツやマオウ、ダイオウという新陳代謝や水分代謝を高めてくれる成分も入っております。

メタバリア

りんご体型の方におすすめのサプリメントとしては、糖質の代謝を助けてくれるサプリメントをおすすめします。

メタバリアは、糖の吸収を抑え、腸内環境を整えてくれるのに役立つサプリメントになります。

糖の吸収を抑えてくれることで余った糖を脂肪に変わるのを防ぐことができますし、腸内環境を整えてくれることで、体の中に溜まった毒素を排出してくれるのを助けてくれる働きがあります。

りんご体型の方は内臓まわりに脂肪が付きすぎてしまい、その代謝がうまくできていないがために、お腹周りに脂肪が付きやすく、毒素も溜まった状態でもあるといえます。

そのため、体に溜まった老廃物をは外に出すことが必要になっていきます。

漢方やサプリメントを選ぶときには、水分や新陳代謝を高めたり、排出を促すもの、腸内環境を整えてくれるものを選ぶとよいでしょう。

腸内環境を整えて腸の働きを高めたり、排出を促すことで、体の中に溜まったものも外へと排出され、代謝も高まり、お腹周りの脂肪も減りやすい状態へと導くことができます。

りんご体型におすすめなダイエットの注意点

りんご体型の方におすすめなダイエットの注意点についてお話させて頂きたいと思います。

りんご体型の方におすすめのダイエット方法は、食事ですと低糖質の食事、運動ですと筋力トレーニングがおすすめであるというお話をさせて頂きました。

食事では、低糖質の食事を心がけると良いですが、急な糖質制限をしてしまうと、低血糖状態をおこしてしまう恐れがあります。

今まで好んで食べていた、ご飯やパンなど急にやめるのではなく、まずはご飯の量をいつもより少しだけ減らしてみたり、食べる順番を野菜から食べて最後にご飯などの炭水化物を食べるようにし、血糖値の上昇をゆっくりに変えていくところから始めていくと良いでしょう。

食べる順番ダイエットの効果は?方法と口コミ

運動の方も、急に重いダンベルをもったり、激しく筋力トレーニングをするのではなく、まずは自重トレーニングから始めて、慣れてきたら重さを持つようにするなど少しずつレベルを上げていくことをおすすめします。

急なトレーニングや過度の食事制限は、怪我の原因にもつながりますし、体調を崩してしまう原因にもなってしまいます。

無理なく少しずつ行うことが、続きやすい秘訣でもありますから、自分の体調や体力に合わせて進めていきましょう。

最後に

りんご体型の方におすすめのダイエット方法やりんご体型になってしまう理由などについてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

ダイエットをして目標体重や体型に近づくためには、ご自身に合ったダイエット方法が一番成功しやすいです。

この機会に、ご自身は何体型なのか、ご自身の体に合ったダイエット方法なのかを知り、今後のダイエットに役立ててみてください。

管理栄養士 島田芽衣からのコメント

今回は、りんご体型の方に向けたダイエット方法についてみてきました。

りんご体型の方は、お腹周りや上半身に脂肪がつきやすく、また内臓まわりにも脂肪がついている状態の方が多くみられます。

内臓まわりに脂肪がつくことで、糖尿病などの生活習慣病へとつながる原因にもなりますから、早めの食事改善や運動をする習慣を身につけるというのが大切になっていきます。

ご自身に合った適度な運動や適切な食事を心がけて、ダイエット成功や病気を予防し、健康的な毎日を送れるようにしましょう。

管理栄養士 島田芽衣

大学卒業後、管理栄養士の資格を取得。スポーツクラブへ就職し、インストラクター兼トレーナーとしてスタジオプログラム担当やトレーニング指導、栄養指導を担当。現在はフリーインストラクター兼パーソナルトレーナーとして活動しながら、管理栄養士としての執筆活動も行う。

この記事に関連する記事