適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • アイスプラントとは?ダイエット効果とやり方

アイスプラントとは?ダイエット効果とやり方

/

アイスプラントとは?ダイエット効果とやり方

アイスプラントダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    4

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    4

管理栄養士 島田芽衣

管理栄養士

島田芽衣

ざっくり言うと

  • アイスプラントとは、野菜の一種でハマミズナ科メセンブルアンテマ属の植物で、水耕栽培で農薬を使わずに育てることができる、安心安全の野菜ともいえるのです。

  • アイスプラントダイエットの効果としては、内蔵脂肪を減らしたり、生活習慣病予防、血糖値低下作用、抗酸化作用、視力維持や髪の毛の健康維持など様々な効果が期待できます。

  • アイスプラントダイエットのやり方は、とても簡単で、食事の際にアイスプラントを食べるだけです。朝、昼、夜と3食にとっても良いですが、朝だけや夜だけ、またはおやつになど食べれるときに食べても良いです。

みなさんは、「アイスプラント」という野菜を知っていますか?

アイスプラントは、メタボリックシンドロームの改善や脂肪を落とすのに効果的ともされており、アイスプラントを使ったダイエット方法が、今話題となっているのです。

今回は、アイスプラントを使ったアイスプラントダイエットのやり方や食べ方、または保存方法などについて詳しく見ていきたいと思います。

ぜひアイスプラントダイエットに挑戦してみてくださいね!

アイスプラントダイエットとは

ではさっそく、アイスプラントダイエットについて見ていきましょう。

アイスプラントダイエットは、アイスプラントを食べるといった簡単なダイエット方法になります。

アイスプラントとは、野菜の一種でハマミズナ科メセンブルアンテマ属の植物になります。

特徴としては、葉の表面が凍ったようにみえ、表皮に塩を隔離するための細胞があることから、アイスプラントと呼ばれるようになりました。

ヨーロッパ、西アジア、アフリカが原産地となっております。

アイスプラントは、水耕栽培で農薬を使わずに育てることができる、安心安全の野菜ともいえるのです。

アイスプラントダイエットの効果

アイスプラントダイエットの効果

アイスプラントダイエットの効果としては、内蔵脂肪を減らしたり、生活習慣病予防、血糖値低下作用、抗酸化作用、視力維持や髪の毛の健康維持など様々な効果が期待できます。

脂肪の蓄積を防ぐ

アイスプラントには、「ミオイノシトール」というビタミンB様物質が含まれており、この「ミオノシトール」は、肝臓に脂肪が蓄積されるのをコントロールしてくれたり、抑えてくれるはたらきがあります。

また、余分な脂肪が肝臓に蓄積しないように脂肪合成を抑制する働きや、LDLコレステロールを低下してくれる作用や、肝臓のはらたきを良くしてくれるはたらきもあります。

そのため、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝の予防や摂取することで、内臓脂肪減少にも効果的といわれております。

内臓脂肪減少にも効くので、内臓まわりに脂肪がつくメタボリックシンドロールにも効果があります。

神経細胞の機能を正常にする

また、イノシトールは神経細胞の機能を正常にしてくれるはたらきがあります。

そのため、細胞に栄養を届けやすい状態をつくってくれます。

抜け毛などは、頭皮の細胞に栄養が行き渡らなくなるため、髪の毛が抜けたり、薄くなったりしてしまうのですが、イノシトールを摂取することで、神経細胞の機能を正常にし、頭皮の細胞に栄養を行き渡らせてくれて、抜け毛予防にも効果的といわれております。

視力回復効果

アイスプラントには、βーカロテンが含まれており、このβ‐カロテンが体内に入ると、体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは、目をよくしてくれる働きがあり、視力を維持してくれたり、視力回復にも効果があります。

また、抗酸化作用もあり、肌をきれいにしてくれたり、身体の酸化を防いでくれる働きがあります。

アイスプラントダイエットのやり方

では、アイスプラントダイエットのやり方についてみていきたいと思います。

アイスプラントダイエットのやり方は、とても簡単で、食事の際にアイスプラントを食べるだけです。

朝、昼、夜と3食にとっても良いですが、朝だけや夜だけ、またはおやつになど食べれるときに食べても良いです。

アイスプラントを食べることで、脂肪の蓄積を防いでくれる効果が期待できますから、ダイエット中は特に、毎日食べるようにすると良いでしょう。

アイスプラントは、少し塩味があります。

そのため、そのままで食べても良いですし、サラダに入れて食べたりするのもおすすめの食べ方になります。

アイスプラントの購入方法

では、アイスプラントの購入方法についてご紹介させて頂きます。
アイスプラントは、スーパーやAmazonなどのネット通販などで購入できます。

お近くのスーパーになければ、ネット通販で購入するのが良いでしょう。

また、簡単に家庭栽培で育てられるので、近くにアイスプラントが売っていない場合はご自宅で育てた方が手に入りやすいでしょう。

種まきの時期としては、3~6月、9~10月下旬が目安となります。

アイスプラントの保存方法としては、ビニール袋などに入れて、冷蔵庫で保存するようにします。

保存期間も、あまり長いよりかは、手に入れたらなるべく早く食べた方がおいしくアイスプラントを食べるコツになります。

4~5日程度を目安にして、それ以上は食感などにも影響を及ぼす恐れがあるため、長く保存しないようにして早く食べるように心がけましょう。

アイスプラントダイエットの口コミ

アイスプラントダイエットの口コミ

アイスプラントを実際にダイエット食として取り入れていらっしゃる方々の口コミをご紹介します。

こちらの方は、ダイエット食として、アイスプラントや低カロリーなきのこを取り入れていらっしゃいます。

アイスプラントは、味つけをしなくても塩味がするようですね!

こちらの方は、お弁当のおかずにアイスプラントを入れて、昼食に取り入れていらっしゃいます。

アイスプラントダイエットの注意点

アイスプラントダイエットの注意点としては、アイスプラントを食べるときの味つけや、茹で過ぎない、切る前に洗うということです。

味つけに注意する

アイスプラントには、少し塩味があります。

そのため、アイスプラントをサラダにして食べるときなどドレッシングをかけすぎてしまうと、塩分の摂りすぎにつながってしまいますから、アイスプラントを食べるときは、味付けは少し薄めにしたり、ドレッシングなどの量をいつもより少なめにするなど、味付けには注意するようにしましょう。

茹で過ぎない

アイスプラントは、茹で過ぎてしまうと栄養素がゆで水にこぼれ出てしまう恐れがありますから、茹で過ぎには注意しましょう。

調理する前に洗う

アイスプラントを切った後に洗ってしまうと、栄養素が失われる可能性もありますので、アイスプラントの栄養素をきちんと摂れるようにするためにも、切る前に洗うというのを心がけるようにしましょう。

最後に

アイスプラントダイエットについて詳しくみていきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

ダイエット効果や美容効果、または生活習慣予防など健康にも効果がある栄養素がたくさん入っているアイスプラント。

今後注目すべきダイエット食材の1つともいえるでしょう。

そんな今話題となっているアイスプラントをひと足早く皆さんのダイエットに取り入れて、キレイに健康に痩せてみてはいかがでしょうか。

ぜひこの機会に、アイスプラントダイエットを試してみてください。

管理栄養士 島田芽衣からのコメント

アイスプラントは内臓脂肪を減少や肝臓に脂肪を蓄積するのを防いだり、抗酸化作用で美肌にも効果があるなど様々な美や健康に良い栄養素が詰まった今注目のダイエット食材の1つと言えるでしょう。

ただ、まだメジャーではないので、お近くのスーパーなどで手軽に購入するのには少し難しいことがあるかもしれません。家庭栽培でも簡単に育てることも出来る植物ですので、試したい方はネット通販で種を購入してご家庭で育てられるのが手軽に手に入りやすくなるのでおすすめです。

アイスプラントを摂取することで、脂肪肝予防や内臓脂肪などを減少させてくれる効果があるため、ダイエットをしていて中々中性脂肪が減らなかったり、なかなか脂肪が減りづらいという方は試してみると良いかもしれません。

管理栄養士 島田芽衣

大学卒業後、管理栄養士の資格を取得。スポーツクラブへ就職し、インストラクター兼トレーナーとしてスタジオプログラム担当やトレーニング指導、栄養指導を担当。現在はフリーインストラクター兼パーソナルトレーナーとして活動しながら、管理栄養士としての執筆活動も行う。

この記事に関連する記事