適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加
  • 鍋ダイエットのやり方!効果的な量・方法やレシピ

鍋ダイエットのやり方!効果的な量・方法やレシピ

/

鍋ダイエットのやり方!効果的な量・方法やレシピ

鍋ダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    3

  • 金額

    高い

    安い

    5

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    3

  • 期間

    長期

    短期

    3

  • 信頼性

    危険

    安全

    3

管理栄養士 片村優美

片村優美

管理栄養士

ざっくり言うと

  • 鍋ダイエットとは、低カロリーでヘルシーな食材を鍋料理として調理して、朝と夕の2食もしくは夕食のみを鍋に置き換えるというダイエット方法です。

  • 鶏肉の皮や豚バラの油、マロニーなどの糖質を入れるのは避け腹八分目を守ることを心がけましょう。鍋の具材を食べる前にお椀一杯程度のお出汁を飲むことで空腹感が紛れ、食べ過ぎを防ぐことができます。

  • 鍋のシメをどうしても食べたい場合は翌日の朝食に取り入れましょう。

多くの芸能人が成功したとブログで話題の「鍋ダイエット」のやり方やレシピをご紹介します。

鍋ダイエットとは、1日3食のうち、朝と夕の2食を鍋に置き換えるダイエット方法。

この記事では鍋ダイエットで得られるダイエット効果から、毎日食べても飽きないレシピなどをご紹介します。まずは1週間のお鍋生活を試してみましょう。

鍋ダイエットとは

鍋ダイエットの方法・やり方

冬になると、恋しくなる温かいお鍋。

多くの家庭で愛されている理由は調理の手軽さ、レシピのレパートリーの多さにあります。

実は今、このお鍋料理がダイエットに適していると話題になっています。 鍋ダイエットとは、シンプルに言ってしまえば1日3食のうち、朝と夕の2食を鍋に置き換える減量方法です。

食物繊維の豊富なきのこや野菜類、低カロリーな豆腐、貴重なタンパク源である肉・魚類の食材をバランスよく取り入れることで、健康的なダイエットを可能とした優れた方法とも言えます。

今回は、そんなお鍋ダイエットの具体的な方法・やり方、美味しいレシピなどを一挙にご紹介します。

鍋ダイエットのやり方

鍋ダイエットのやり方

お鍋ダイエットのやり方は簡単。

低カロリーなヘルシー食材を用意して、それらを鍋料理として調理し、これまでの食事と置き換えるというものです。

この置き換えには、朝食と夕食を鍋にする方法と、夕食だけを鍋にする方法があります。

鍋の具をあんかけにして、お昼もお鍋のあんかけ丼弁当にしているという方もいるようです。

鍋ダイエットを成功へと導くための方法・コツ

鍋ダイエットの方法・やり方

1.ダイエットに適した食材を選ぶ

鍋ダイエットには、「入れてはいけない食材」がいくつか存在します。

・鶏肉の皮
・豚バラ肉の油
・肉団子やつくねなどの油類
・春雨やマロニー などの糖質類

などです。

これらを入れることにより、カロリーがぐんと上がってしまい、ヘルシーさを台無しにしてしまいます。

鶏肉を入れたい場合は「皮」を外して、豚肉は「油」をとって、春雨やマロニーのかわりにしらたきを入れましょう。

2.具材を食べる前に1杯のダシを飲む

ダイエット目的でお鍋を食べる際、ぜひ行ってほしいことがあります。

それは、具を食べる前にお椀一杯程度のお出汁を飲むこと。そうすることで、空腹感がまぎれ、食べすぎを防いでくれます。

3.鍋のシメは朝食にする

「ダイエットをするのであればやるべきではない」とされている、シメの雑炊やうどん

どうしても食べたい場合は、翌朝の朝食にとりいれてみましょう。脳の栄養になるものは糖分しかないため、朝食に糖分をとることは、とても合理的だといわれています。脳を活性化するためにも、シメのご飯やうどん等は朝食に置き換えることがおすすめというわけです。

もちろん、ヘルシーだと思って食べすぎてしまっては、むしろ太ってしまいます。どうしても足りないのでしたら、低カロリーな食材であるお豆腐を少し多くいれておくのも一案です。

とにかく腹八分目を守ることが大切です。いつも腹12分目まで食べていては、胃はどんどん大きくなるばかり。腹八分目を心がければ、徐々に胃は小さくなっていき、長い目で見ても体型キープの役に立ってくれます。

4.鍋ダイエットに有酸素運動をプラスしよう

お鍋を食べることのほかに、軽い有酸素運動をプラスしてください。

「筋トレなんてしたら、ムキムキになって、むしろ太く見えるのでは」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、太くなるほどの筋肉を身につける筋トレができる方は非常に少数。トレーナーさんの話では、マシーンで毎日死ぬ気でトレーニングしても、たいていの女性はマッチョになれないとのこと。

それでも気になるのでしたら、バレエやピラティスなどの運動を取り入れてみましょう。脂肪は筋肉に代わりやすいので、1か月で驚くような結果を出すことも可能ですよ。

鍋ダイエットの効果

鍋ダイエットの方法・やり方

鍋を利用したダイエットの効果で、もっとも嬉しいのは栄養バランスのとれた食生活を実現しやすいということです。また、炭水化物の量を控えることで、糖質の摂取量を抑えることができるという点も鍋ダイエットの特徴のひとつ。

この他にもカラダに嬉しい効果があって、そんな鍋ダイエットの美味しい効果を3つにまとめてご紹介します。

1.バリエーション豊富で飽きることなくダイエットを続けられる

自炊をする方ならもうおわかりかもしれませんが、鍋料理の基本は「煮る」だけです。しかしこの調理の手軽さとは反対に、素材の味を生かした美味しさには数多くのバリュエーションが存在しています。

後ほど鍋料理のレシピもご紹介しますが、多種多様なお鍋の楽しみはダイエットへの飽きを防いでくれそうです。

2.野菜やキノコ類に含まれる食物繊維が、腸内環境を整える

お鍋に葉野菜を入れて煮ると、かさが減り多くの量を食べることができます。

結果、低いカロリーでお腹がいっぱいになり摂取カロリーを抑えることができます。さらに食物繊維の効果により、腸内環境を整えてくれます。腸内を整えることは、スリムな体型を維持する手助けにもなりますよ。

3.ニラやネギなどの食材で冷えの改善

冷え性を重点的に解消したいのならば、ニラやネギ、しょうが、にんにく、唐辛子はもちろん、かぼちゃや黒豆、納豆、梅干し等、体の温まる食材をえらびましょう。

むくみをとりたいのなら、カリウムたっぷりのキノコ類がおすすめです。特に、舞茸や椎茸には多くのカリウムが含まれているので取り入れてみてください。また、体を温めることで代謝が上がり、痩せやすい体になっていきます。

鍋ダイエットにぴったりなレシピや具材

キムチ鍋

キムチ鍋でダイエット

辛いもの好きにはたまらないキムチ鍋。こちらのお鍋も、とてもダイエットに向いているレシピです。

キムチは発酵食品ですので、乳酸菌がたっぷり含まれています。キムチの乳酸菌は、生きて腸に届くのでビフィズス菌を増やすことが期待できます。

ビフィズス菌が増えることで、有害な菌の増殖を抑え、免疫力もあげることができます。体力が落ちてしまいがちなダイエット中には嬉しい効果。

またキムチには、肥満の改善に有効といわれ、一躍有名になった辛味成分“カプサイシン”が含まれています。唐辛子に含まれるこの辛味成分には、ホルモンの分泌を促し、エネルギー消費を促進させる効果があるといわれています。

本格キムチチゲ

本格キムチチゲでダイエット

材料 (四人)
・キムチ(200グラム)
豆腐(一丁)
豚肉小間切れ(150グラム)
玉ねぎ(2分の1)
ネギ(2分の1)
おろしニンニク(4センチ)
鰹だし(多め)
砂糖(適量)
酒(適量)
塩(適量)

本格キムチチゲ

作り方
豚肉を茶色くなるまで焼き、ニンニク、酒、しょうが、ネギと玉ねぎを入れ、しんなりしたらキムチと出汁を入れて20分ほど煮込み、豆腐を入れて完成です。

お豆腐は薄く切ったほうがおいしいです。

野菜鍋

野菜鍋でダイエット

シンプルイズベスト。

こちらのレシピは、お野菜を食べるためのお鍋です。鶏胸肉に豊富に含まれているタンパク質がカラダに嬉しい一品です。

ダイエットヘルシー鍋

鍋ダイエットの方法・やり方鍋ダイエットの方法・やり方

材料(一人分)
・白菜(200g:28kcal)
・もやし(30g:4kcal)
・水菜(30g:6kcal)
・しめじ(30g:5kcal)
・しらたき(100g:6kcal)
・水(200cc)
・鍋キューブ(とんこつ味噌:1個:29kcal)
・とりむね肉(皮なし:50g:54kcal)

ダイエット☆ヘルシー鍋

作り方
とても簡単なヘルシーレシピです。

お鍋に野菜と水と鍋キューブをいれ、火にかけ煮立ってきたら鶏肉を入れ色が変わったら食べごろです。

しらたき鍋

しらたき鍋でダイエット

炭水化物の代わりに、ローカロリーな麺類である「しらたき」を使ったお鍋レシピ。

こんにゃく芋からできているので、グルテンフリーです。

しらたきでなく、糸こんにゃくでも問題ありません。しらたきと違い糸こんにゃくはざらざらしていますが、このふたつはほぼ同じもの。

しらたきには不溶性の食物繊維が多く含まれており、食べた後の満腹感を得やすいことも特徴のひとつです。

しらたき豆乳鍋

しらたき豆乳鍋でダイエット

材料
・豆乳(300cc)
・水(150cc)
・めんつゆ(30cc)
・鶏ガラ顆粒(小さじ1)
・ウェイパー(小さじ2)
・ラー油(適量)
・しらたき(200g)

ダイエットにしらたき豆乳鍋

作り方
水で煮た野菜に、めんつゆ、豆乳、ウェイパーで味付けするだけの簡単鍋です。

野菜は本当に何でもいいとのことなので、好きな野菜をいれてみましょう。

ごぼう鍋

ごぼうなべでダイエット

食物繊維が豊富な食材として知られる「ごぼう」。

ごぼうには、不溶性、水溶性両方の食物繊維が含まれています。不溶性の食物繊維は先述の通り満腹感を得ることができますが、水溶性の食物繊維は腸で善玉菌の餌となり、腸内細菌のバランスを整えます

ごぼうの皮にはポリフェノールを多く含みますので、アンチエイジング効果が期待できます。ポリフェノールが減ってしまいますので、くれぐれも皮をむきすぎないことと、水にさらさないことに気を付けてくださいね。

材料
・ごぼう(1/2本)
・えのき(1/2パック)
・玉ねぎ(1/4個)
・ぶり(2切れ)
・味噌(適宜)
・こぶ(1枚)

作り方
まず昆布でだしを取り、みそ汁を作ります。

2cm厚に切ったごぼうと、えのき、玉ねぎ、ぶりを入れて煮るだけ。ごぼうやえのきから味が出ますので、最初は薄い目に味をつけておくのがいいでしょう。

白菜鍋

白菜鍋でダイエット

高血圧予防の効果があるカリウムを含む白菜を、ミルフィーユ鍋にして、シャキシャキ食感とともにいただきます。

満腹感が得られますよ。

材料
・豚ロース薄切り(100g)
・白菜(1/8個)
・粉末出汁(適宜)
・水(2カップ)
・醤油(大さじ2)

作り方
白菜は一枚ずつはがし、豚肉を挟みながら3~4枚重ね、鍋の高さに合わせて等分にします。

鍋にびっしりと詰め、水と醤油、粉末出汁を入れ蓋をして中火にかけます。

あとは、肉に火が通ったら完成です。お好みでネギやしょうがをいれると、体も温まるのでおすすめです。

多くの芸能人も鍋ダイエットをチャレンジ

アーティストの倖田來未さんやモデルの土屋アンナさん、元グラビアアイドルで女優のMEGUMIさん、俳優の永井大さんも鍋ダイエットを試して、成果を上げています。

特に倖田來未さんは、下記の素麺ダイエットとともに、取り組まれて、2か月で16kgも成果をあげています。ぜひ、一緒に試してみてはいかがでしょうか。

そうめん(素麺)ダイエットの効果は?

鍋ダイエットを取り入れて、健康的なカラダづくりを

鍋ダイエットは、簡単さと安全性がトップクラスのダイエット方法。

物は試しと考えて、とりあえず1週間続けてみてください。

1週間で身体に変化を感じはじめ、2か月後くらいからダイエットの成果を感じることでしょう。

効果が出るまで、いかに続けるか?がダイエットの難しいところです。

手間を減らすために、色んな工夫をしてみてください。

鍋ダイエットでいえば、例えば、野菜やお魚、お肉は多めに買ってきて、すぐにお鍋に入れられるサイズに切り、一回づつにわけて冷凍保存しておきましょう。

そうすることで、遅く帰ってきてもお鍋にお湯さえ沸かせばすぐにご飯にできます。お豆腐は賞味期限が短いので、1週間で食べきる分を買っておけば、「今日食べないと豆腐が悪くなる」と義務感で毎日食べることができます。

月曜日に白菜鍋、火曜日はその出汁で味噌味のお鍋、翌日はそれにキムチを足してキムチ鍋というように、味付けをリレーをするのも楽しく続けられていいですよ。楽しい食生活から健康的なカラダづくりを目指してみてはいかがでしょうか。

参考文献

参照サイト
e-ヘルスネット|野菜、食べてますか?
日京クリエイト|寒い冬に食べたくなる!鍋料理の魅力
紀文|優れた栄養食、豆乳鍋
糖尿病ネットワーク|鍋料理は食事療法にもメリットが多い

管理栄養士 片村優美からのコメント

鍋料理は食べる量のコントロールさえ味方に付ければダイエットに最適です。体を温める、野菜やきのこ類をたっぷり摂れる、たんぱく質を摂れるなど、必要なポイントが揃っています。

また、材料を切って煮込むだけなので、忙しい人でも続けられそうですよね。スープの味を変えて、味や具材の変化を楽しむことができるのも魅力的です。

「鍋を食べていれば大丈夫」と安心せず、食べる量や材料の種類にカロリーの高いものはないかなど、注意しながらとり入れることが成功の鍵となります。

家族で鍋を囲み、楽しい会話をしながらダイエットをしてみましょう。

管理栄養士 片村優美

管理栄養士。ライターとして、主にコラム執筆を執筆。食育などに興味があり、ライターとしてだけでなく、地域での健康に関する講座や、自治体主催の料理教室なども行っています。

この記事に関連する記事