適切なダイエット方法が見つけて、ヘルシーな生活を。

友だち追加

ポップコーンダイエットの効果を口コミとともにご紹介!

ポップコーンダイエットの効果を口コミとともにご紹介!

ポップコーンダイエットの評価

  • 総合評価

    ダメ

    推奨

    2

  • 金額

    高い

    安い

    3

  • 手軽さ

    面倒

    手軽

    4

  • 期間

    長期

    短期

    2

  • 信頼性

    危険

    安全

    2

ざっくり言うと

  • ポップコーンダイエットとは、1食をポップコーンに置き換えるか、食前もしく間食としてポップコーンを食べるダイエット方法です。

  • ポップコーンの原材料であるとうもろこしには食物繊維が豊富に含まれているため便秘解消効果や、ポリフェノールも豊富に含まれているため抗酸化作用や老化防止などの美容にも効果があります。

  • ポップコーンの食べ過ぎに注意したり、油を使わない調理方法にして工夫するなどカロリーの摂取量には注意しましょう。

管理栄養士 南野智美

管理栄養士 南野智美

トウモロコシは、食物繊維の他にもエネルギー代謝に必要な栄養素であるビタミンB群や、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンEの他、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル、代謝アップに有効とされる不飽和脂肪酸であるリノール酸なども含んでおり、上手に食生活に取り入れることで栄養バランスをアップさせながらダイエットを進める強い味方となります。
ただ、トウモロコシを主食としている国もあるように炭水化物が多く、たんぱく質(アミノ酸)やビタミンB6など不足する栄養素もある為、極端に取り入れることはおススメできません。食前や間食に効果的に取り入れながら、これまでの摂取エネルギーを上回らないようコントロールしていくことがトウモロコシダイエットの成功ポイントと言えますね。

最近、口コミなどで話題を呼んでいるのがポップコーンを使った「ポップコーンダイエット」です。マドンナが、ポップコーンを使ったダイエットを行い、見事成功したことから話題になっています。

今回は、おやつなどにも食べることが多いポップコーンを使ったダイエット方法を効果や口コミ、レシピと一緒にご紹介します。

ポップコーンダイエットとは?

ポップコーンダイエットとは?

ポップコーンダイエットとは、食事の置き換えとしてポップコーンを食べるダイエット方法です。また、間食や食前にポップコーンることでお腹を満たし食べ過ぎを防止することもできます。

ポップコーンとは?

ポップコーンは「コーン」という名前にもある通り、原材料はトウモロコシです。

普段私たちが目にしているトウモロコシとは少し品種が異なり、小粒で種皮が固い「ポップ種(爆裂種)」と呼ばれるトウモロコシです。

ポップコーンのカロリーとは

市販のポップコーン1袋約50グラムのカロリーはおよそ240キロカロリー。ただ市販のものはバターや砂糖で加工されているので、自宅で自分でヘルシーに作れば180kcal前後と言われています。

食品名、カロリー、脂質、炭水化物(100g当たり)
・ポップコーン  484kcal 22.8g 59.6g
・ポテトチップス  554kcal 35.2g 54.7g
・コーンスナック  526kcal 27.1g 65.3g
・ビスケット  522kcal 27.6g 62.6g
・クラッカー  492kcal 22.5g 63.9g
・揚げせんべい  465kcal 17.5g 71.2g
・かりんとう 441kcal  11.8g 76.2g
・あられ 381kcal  1.4g 84.2g
・磯部せんべい  381kcal 0.8g 89.3g

食品データベース/文部科学省

ポップコーンは他のお菓子と比べても、カロリー、脂質や炭水化物量ともに低めで健康的なおやつです。

ポップコーンのダイエット効果

ポップコーンのダイエット効果

いかにもカロリーが高そう?!といったイメージのあるポップコーンですが、実はヘルシー、加えて驚くべきダイエット効果を持っていました。

食物繊維の宝庫!便秘解消効果

ポップコーンは繊維の中でも不溶性食物繊維と呼ばれる繊維質の宝庫で、腸内環境を整える作用を強く持っているので、便秘解消効果があります。

まるごと炒って食べられるポップコーンは食物繊維が豊富なトウモロコシの粒や種皮一つひとつを余すところなく摂取することができます。ポップコーンの原材料であるトウモロコシの皮には栄養が多いので、代謝アップや健康効果にもつながります。

腹持ちバッチリ!食べ過ぎ防止にも

ポップコーンの特徴は、腹持ちの良さもあります。スナック菓子はカロリーの割におなかにたまりにくく、「気付いたらこんなに食べていた…」なんてこともありますよね。

原材料がコーンであるポップコーンなら、食物繊維が豊富なため、お腹で膨らみ、食べ過ぎ防止にもつながります。かみごたえもあるので満足感も上がりますね。

栄養豊富で美容効果も

ポップコーンのダイエット効果

ポップコーンは、美容効果で有名なポリフェノールも豊富に含んでいます。ポリフェノールは抗酸化作用をがあるので、老化防止や美容健康にもつながります。

ポップコーンダイエットの方法と口コミ

ポップコーンダイエットの方法と口コミ

どのように食生活の中で取り入れたら、痩せるのか、やり方を見ていきましょう。実際やってみた人の口コミも合わせてご紹介していきます。

置き換えポップコーンダイエット

まずは、1食そのままポップコーンにして置き換えてしまうダイエット方法です。通常1食あたり300~500キロカロリーと考えると、カップ一杯のポップコーンで置き換えればぐんとカロリーオフ!いわゆる置き換えダイエットとしても使えてしまいます。

ただ、こればかりでは栄養が偏るので、置き換えるのは、食べ過ぎた翌日の3食のうち1食などスポットとして取り入れ、他の2食でたんぱく質や野菜などをきちんと補いましょう。1日の中でバランスよく食べることも基礎代謝をキープしつつ、キレイに痩せる秘訣です。

食前に食べる!食前ポップコーンダイエット

食前にポップコーンを食べることで、おなかをある程度膨らませ食べ過ぎを防いでくれる効果があるそうです。

トウモロコシなので、野菜感覚で取り入れられますね。この時は甘いポップコーンではなく、塩やこしょう、トウガラシなどでおかずのように味付けすることをお勧めします。なるべく食事に取り入れるなら、自分で作ったものがおすすめです。

おやつに食べる!ポップコーンダイエット

間食としてポップコーンを取り入れる方法も人気のようです。普通のスナック菓子やケーキと比べるとヘルシーかつ栄養価も優れたポップコーンはダイエット向けのおやつと言えそうです。食べることで美容効果も期待できますね!

ただ、総摂取エネルギーは変えない、もしくは下げるように計算することが欠かせません。他の食事で調節するなど計画的に取り入れるように意識しましょう。

注意したい基礎代謝

注意したい基礎代謝

1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)

つまり、1日のうちで最も消費しているのが、基礎代謝です。基礎代謝とはじっとしているだけで消費されるエネルギーのことで、私たちが生きていくための呼吸や代謝活動に使われるエネルギーのことですね。

ダイエットの基本は、「消費エネルギー>摂取エネルギー」となるようにすること。

これからポップコーンダイエットを行う上でも注意したいのが、摂取エネルギーが基礎代謝を上回らないようにすること!甘く味付けされたキャラメルポップコーンなどは意外と高カロリー。油断していると基礎代謝を大きく上回り、逆に太ってしまうこともあるので注意が必要です。

マドンナは産後ダイエットに

ポップコーンダイエットの火付け役ともいえるのがかの有名なマドンナ!産後ダイエットやツアー前の追い込み減量の際などに取り入れていたとして話題を呼び、ポップコーンがダイエットとして用いられるようになりました。

マドンナはポップコーンをおやつとして取り入れる方法で行っていたそうです。1日1〜2カップのポップコーンを食べていたとか。これにより産後のダイエットに見事成功しました。59歳とは思えぬこの肉体美は世界中が注目しています。

ただ、マドンナの場合徹底した食事制限プラス、その合間のおやつ(ごほうび)のような感覚で取り入れていたそうです。マドンナの鋼鉄の肉体を維持するために他にもこんなダイエットを行なっているそうです。簡単にご紹介しましょう。

徹底したオイルカット

マドンナは不飽和脂肪酸の摂取を極限まで抑えていました。ポップコーンを食べる際も、ノンオイルでの調理を徹底したことが成功の秘訣でしょう。

マクロビ食!ヘルシーな食生活の徹底

マドンナは、まごはやさしい(豆・ごま・海藻類(わかめ)・ 野菜・魚・きのこ類(しいたけ)・芋類)の食材を取り入れる食事法で日本食の大ファンです。菜食主義で動物性タンパク質は鶏肉のみ、という食生活だそうです。

毎日野菜中心の食事を三食きちんと食べていて、内容は穀物や野菜、海藻、納豆といったかなり素材にもこだわった食事内容になっています。

激しいワークアウト

マドンナのダイエットは食事だけでなく、運動もかなり激しいメニューになっています。激しいパフォーマンスに耐えうる肉体を作るためにも日々筋力アップを図るワークアウトを行なっているのです。

筋肉量もかなり多く、基礎代謝も高いことが予想されますね。筋肉量を増やすことで基礎代謝がアップ、じっとしているだけでもダイエット効果があるのです。

ストイックなダイエット方法なので全てをこなすことは難しそうですが、できそうなものから取り入れてみましょう。

手作りポップコーンのアレンジレシピ!

手作りポップコーン気になるレシピ!

やっぱりダイエット中ならおすすめは自分で作るポップコーンです。あのマドンナが食べていたというポップコーンも、調理されたものではなく、材料を自身で調理するタイプのポップコーンだったようです。

これならヘルシーに作ることもできますし、味付けをいろいろ変えて楽しめるので飽きずに続けられますね。さっそく気になるレシピをチェックしていきましょう!

基本レシピ

材料 カロリー:189kcal
ポップコーン用コーン…1/3カップ
油…少々
塩…適量

作り方
1.フライパンに薄くオイルを引き、火にかける。
2.ポップコーン用コーンを平らに並べ、蓋。
3.パチパチと音がしたら、時々フライパンをゆする。
4.音がしなくなったら完成。

マジックソルトポップコーン

材料(2人分) カロリー(1人分):100kcal
ポップコーン用コーン 30g
オリーブオイル 10g
マジックソルト 小さじ1/2

マジックソルトポップコーン

作り方
1.フライパンにオイルを入れて弱火にかけ、鍋を揺する。
2.弾ける音が止んだら火からおろす。
3.マジックソルトを振り掛け、しっかり絡めて、完成。

ダイエッター仕様★レンジでポップコーン♪

材料 カロリー:40kcal
ポップコーンの豆一つまみ
塩適量

ダイエッター仕様★レンジでポップコーン♪

作り方
1.タッパーに、ポップコーンの豆を入れる。
2.塩も適量入れたら、フタをふんわり置いて、電子レンジへ。
3.1000Wで1分半~2分くらいチンする。
4.音がして、生の豆が見えなくなったら、完成。
5.フタをピッチリして、ゆすって塩(お好みの調味料)をなじませる。

ポップコーンで一番カロリーが上がってしまうポイントが、最初に炒るときに使う油です。

レンジでポップコーンを調理すればノンオイルでもポップコーンが食べられるのでダイエット中におすすめです。

簡単♪美味しい♪塩キャラメルポップコーン

材料 カロリー:231kcal
ポップコーン(乾燥) 30g
☆砂糖 20g
☆カロリーハーフのマーガリン(もちろん普通のものでもOK) 10g
☆水 大さじ1/2
☆スキムミルク 小さじ1
☆塩 少々

簡単♪美味しい♪塩キャラメルポップコーン

作り方
1.フライパンにコーンを入れ、火にかける。
2.フライパンを動かし、コーンがはじけたら、一旦お皿に移す。
3.☆の材料を入れて火にかけ、キャラメルを作ります。
4.茶色くなってきたらキャラメルの完成!火を止めてポップコーンを入れ、馴染ませる。

自作ポップコーンならヘルシーにカロリーも抑えて作れるので、甘いキャラメルポップコーンもダイエット中だからといって我慢する必要はありません。

どうしても甘いものが食べたいときにはぜひお試しください。

ポップコーンで楽しくダイエット

いかがでしたでしょうか?

ポップコーンの何よりのメリットは味付けもいろいろできて、アレンジも自在で、おいしいことです。楽しみながらダイエットをすることができるのはメリットではないでしょうか。

ポップコーンばかり食べていても、上手にアレンジさえできれば、飽きずに毎日食べていられるので、思った以上にストレスがたまりません。挫折のきっかけも少ないので、無理なく続けられるダイエット方法です。

食べて痩せるポップコーンダイエットで、無理なくヘルシーにダイエットしましょう。さっそく気になるレシピはトライしてみてくださいね。

管理栄養士 南野智美

管理栄養士、NR・サプリメントアドバイザーの資格を保有。長年、基礎化粧品・健康食品と取り扱う企業にて、季刊誌の執筆、管理栄養士としてのレシピ・コラム作成等の業務に従事。現在は、フリーの管理栄養士として活動。仕事の依頼は、下記問い合わせページより、お問い合わせください。

この記事に関連する記事